2018年12月06日

生と死の間

京都研修追記です。
今回のとんぼ返り研修に、さすがの父も少々あきれ顔。
はい!これからはパパと過ごせる時間が残り少ないこと、そして費用対効果をしっかりと考えます( 一一)
けれども私はね、
師匠である父から学ぶことは、時間の長短ではないと勝手に思っています。
父と同じ空気を吸い、同じ心を見つめることは、一日が一年分にも匹敵する密度の濃い時間です。限られた時間だからこそ心の琴線に触れることもある。
そんなことを心の中でブツブツ、勝手な言い訳をしています(笑)
父と私は12月が誕生月。
更に誕生日は一日違い。
もちろん(笑)
父の誕生日が先で私は翌日。
今回父が誕生日を迎えるにあたり私に話してくれた言葉に何か感慨深いものがありました。
「80歳を境として、今までは生、80歳からは死。」
「これからは『死』を生きる」という言葉でした。そしてこれからの人生は、仏様がくださったご褒美、贈物、とも言っていました。今父は80歳を迎えて、憂いなく不安なく、とても幸せだそうです。どうしてこんなに幸せかと考えたときに見えてきたのは、お釈迦様の教えだったそうです。今回はその教えを頂いて参りました。
心臓の悪い父は私が会いに行くと必ず、「これがお前との最後かもしれないな。」「無著、ありがとう。」とつぶやきます。今回もそうでした。私は、誕生日を前にしていたこともあり、今回の父との別れ際に、「55年間、沢山の愛を注いでくださりありがとうございました。」「この度も、教えをいただき、ありがとうございました。」と、万が一別れが来たとしても後悔しないようにと、感謝の心を伝えました。そして「まだ自灯明では歩けませんから、まだまだ教えをお願いします。」「また参ります。」と言って、父の庵を後にしました。
父はいつも、いつ死んでも悔いはない。パパはどんな時も幸せだ、と言います。
私もそんな人生の終焉を迎えられるようにしたいと思います。
それには、自分の幸せを求めるのではなく、他の人の幸せを願い、考えること。
簡単にできることではありませんが、
一歩一歩、精進精進(^^)きらきら
それでは、
今日も皆さまが、お幸せな一日でありますように四つ葉
合掌


DSC_0708.JPG
posted by むじゃくさん at 13:33| Comment(0) | 日記

2018年10月25日

\ハイ、ポーズ!合掌/

あなたが合掌するのは、どんな場面ですか?

昨日は、挟間町に民泊に来られた台湾の女性がお寺体験におみえになりました。
私が北京語を知るはずもなく、仕方がないので、脳から消えかけている少ない英語の単語を屈指して、手ぶり身振りで何とか以心伝心(?)(^^;
まもなく私は気が付いたのでした。
今は便利な翻訳アプリがあるではないですか!
あとは漢字を交えて何とか意思の疎通ができたようです。
最後は、珍寺百景にも堂々選ばれている自坊の「大合掌門」の下で、
ハイ、ポーズ( `ー´)ノ合掌きらきら


合掌の姿には、いろいろな心があります。
仏様や先祖への敬いの心
ありがとうの感謝の心
ごめんなさいの謝る心
他には、いただきます、ごちそうさま、の食事前後の合掌もあります。
合掌は無意識のうちに、私たちの作法の一つとして当たり前の姿になっているようです。

もともと合掌は古代インドから遠い日本まで仏教伝来とともに伝わった作法です。
右の掌と左の掌を合わせるから合掌。
また合掌は仏教に限らず神社でもありますし、キリスト教や様々な宗教で手を合わせるという共通の姿があります。
どの宗教にも言えるのは、両手を合わせることは、尊敬と感謝を現す姿。

仏教では右の手は、無限に広がる宇宙の真理、仏やさとり、
左の手は、些細なことで一喜一憂してしまう迷いの私とされています。
私たちは、手を合わせているときは、たとえ心で思っていても、悪いことは一切できません。それは仏さまが、弱いワタクシの心を守ってくださるからなのでしょうね。
合掌は素晴らしいものです。


合掌は、「困ったときの神頼み」のためだけにあるのではないということをお分かりいただけたでしょうか。
まもなくお昼の時間です。
お昼ご飯を頂く前に、ぜひ“合掌”をお願いいたします。

それでは、
今日も皆さまがお幸せな一日でありますように四つ葉
合掌

DSC_0348.JPG

無著(むじゃく)
http://shounji.jp
posted by むじゃくさん at 11:40| Comment(0) | 仏教を楽しむ

2018年10月24日

\どんな日も良き日/

あなたにとって「今日はいい日だった」と思えるのはどんな日ですか?
雨上がりの朝は、すべてが新鮮に感じてしまうから不思議です。
でも本当は、どんな日の朝でも新鮮で新しい一日の始まり。


「今日はいい日だった」と思えるのは、やっぱり楽しいことや嬉しいことがあったとき、ですね。
私も同じです。
けれども、毎日が楽しいことや嬉しいことばかりがあるはずもなく、辛いことや悲しいことがある日も必ずあります。
そんな日を、今日はいい日だったと思うことは容易ではありませんね。
しかし、そんな辛いことや悲しいことがあったときでも、そこから何かに気づき、学ぼうとする気持ちが起きれば、苦しいと思えた日も良い一日に変えていくことができるはずです。
良いことがあっても、悪いことがあっても、今日という日は二度とないかけがえのない一日。
好日になるかならないかは、自分の心がけに左右されるということのようです。
「日々是好日」にちにちこれこうじつ
かけがえのない今日という日を、充実した良き一日にしたいですね。

今日もあなたのお幸せを願っております四つ葉
合掌

DSC_0338.JPG

無著(むじゃく)
http://shounji.jp


posted by むじゃくさん at 10:30| Comment(0) | 日記

2018年10月16日

みんなでいただく新米の恵

昨日、新米王子がお布施くださいました新米を、さっそく今日の朝食でいただこうと準備をしていた時の事です。事件は起きました!
お米をすすいだ1回目のお水を捨てようとしたまさにその時、一瞬亡き祖母の声がしたのでした。その瞬間思い出されたのが、お米のとぎ汁を祖母は捨てずに、いつもお花たちにあげていたこと!私は慌てて、大きなボウルを用意。捨てようとしていたそのお水と、その後のとぎ汁をボウルに移しました。
炊飯の準備を済ませ、たっぷりと残ったとぎ汁をテラスのお花たちへ与えてみると、お花たちも嬉しそう!
私もどこか清々しい気分に!
おぼーさんの心はコスモス色〜
頭の中ではありませんからね(笑)
祖母のあの優しい笑顔もみえるような・・・
そんな不思議な現象(?)は,
お年頃のせい?
それとも季節のせいかしら?
何はともあれ、
お蔭様で今朝は、ご本尊のお釈迦さまと観音さまにも炊き立ての新米をお供えさせて頂きました。
仏さま方も、いつもよりお顔がにっこり。
もちろん、私も、お爺ちゃん僧侶も、艶々新米にニコニコです。

大本山永平寺の正門には、
「杓底一残水 汲流千億人」(しゃくていのいちざんすい ながれをくむせんおくのひと)という文字が刻まれています。
これは、道元禅師が柄杓に残った水を「仏さまの命」として、大切に川に戻されたことに由来しています。水を戻すことで、また別の人がその恩恵にあずかることができる、ということを教えられています。
水の流れ行く先への気遣いも大切なのですね。

それでは、
今日も皆さまが、おしあわせな一日でありますように四つ葉

mizu .JPG
posted by むじゃくさん at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年09月21日

法音ライブ「穴澤雄介ヴァイオリンコンサート」終了しました。

法音3.jpg


昨夜は、ヴァイオリニストであり、そして最近はユーチューバーとしても話題を集め人気上昇中の穴澤雄介氏をお迎えして、ヴァイオリンコンサートを開催させて頂きました。

心配しておりました雨は開演時刻が近づくと、あがるという奇跡が!
お蔭様で竹灯籠に灯を点し、幻想的な夕暮れの中にご来場の皆さまをお迎えすることができました。
多くの皆さまの願いがきっと天に届いたのでしょうね。
まるで不思議な力に守られているようでした。

穴澤さんは、「見えなくなったら希望が見えた」と仰います。
私たちの日常は、目に見えるもの、耳に聞こえるもの、手で触れられるもので、判断をします。しかし世の中には、この雨の出来事のように、言葉では言い表すことのできないことも沢山あります。
本来は、今宵月明りの下、皆様とご一緒に演奏会を楽しむ予定ではありましたが、お月様は雲の中・・・
けれども、穴澤さんの演奏による、「荒城の月」「ムーンライトセレナーデ」の響きに誘われて、きっと皆さまお一人お一人の心の中には、ご自分だけのお月様が映し出されたことと思います。
見えないものを心で感じさせる・・・
穴澤さんが創り出す音楽には、“心を動かす”そんな力があります。
アンコールで弾いてくださいました穴澤さん自作の「共助」には、今回も胸が熱くなり、そして元気を授けていただきました。

コンサートが終わると、穴澤さんを囲んでの楽しいお食事会\(^o^)/
お月見の夜に相応しいお弁当は予祝ニコシード様よりハート(トランプ)
そして奈良の寺前農園様より、自分の分身として沢山の真っ赤な高原トマトのご参加もございました。お食事会は賑やかに、穴澤さんはモテモテの夜でしたハート(トランプ)

平日のお忙しい中を沢山の皆さまにご来場いただき、心より感謝申し上げます。
また奉仕の心でいつも助けてくださる、渡邉陽子さん、佐藤正さん、ありがとうございました。

たくさんの素晴らしいご縁に感謝尽きぬ時間。本当にありがとうございました。
合掌

DSC_6241.JPG

月見弁当.jpg

DSC_6222.JPG

DSC_6211.JPG

DSC_6243.JPG




posted by むじゃくさん at 20:31| Comment(0) | 日記