2017年09月19日

お彼岸はかたよりのない心を養うとき

明日20日から始まるお彼岸会。
ご先祖様や故人様を尊ぶ大事な7日間です。
日本独自の習慣ではございますが、時間が許す方はお寺やお墓にお参りいたしましょう。
実はこのお彼岸には、お墓参りの他にもうひとつ、仏教の大切な教えが隠されています。
それは“かたよりのない心“という意味です。
お釈迦様はこれを『中道』と仰いました。

中道とは、
すべての極端な考え方を捨てて、かたよりのない正しい生活をする。という意味です。
「中道」の教は、お釈迦様の最初の説法の言葉でもございます。←だからとっても大事なのね(^_^)/

秋分の日は、太陽が真東から昇って真西に沈み、昼間と夜間の長さも同じ、ということに気付いた昔の日本人...まさにこの日は大自然にとっても、かたよりのない中道の教えに相応しい時である、と考えたようです。
仏教語の“向こう岸の悟りの世界”という意味の「彼岸」をこの時期にあて、お彼岸はご先祖さまにお参りをして中道を心がけよう、となったそうです。

では、どうしてお釈迦さまは中道を説かれたのでしょうか。
シャカ族の王子としてお生まれにお釈迦さまは、幼い頃から贅沢に暮らし何不自由のない毎日を送っておられました。一方で修行に出られてからは、断食という苦行で死にかけたことさえありました。その結果、何事もかたよった極端な生活は、心を乱すだけで良くない。心穏やかに中道をおこなってこそ、悟ることができるのだと気づかれました。

経典の中では『琴の喩え』として説かれています。
お琴の弦は、強く貼ると、良い音はでんません。それどころか切れてしまいます。
また弦がゆるんでいたらどうでしょう。こちらも良い音は出ません。ゆるめすぎても、はり過ぎてもいけないのです。強すぎず、弱すぎず、ちょうど良い張り具合になって初めて良い音色が出るそうです。
私たちの生活も、お琴の弦と同じです。
焦りすぎると、気持ちが高ぶります。
またゆるみすぎても”怠け心”に覆われてすべてを乱してしまいます。

ちょうどいい加減に生きる...
かたよりのない心で生きる...

私もお彼岸を機に、改めて心掛けて参ります。
さぁ!あたたもごいっしょに(^_^)/
合掌

005.JPG

《黄色い彼岸花》
去年知人から株分けしていただいたものです。
今年から自坊の家族の仲間入りですハート

無著(むじゃく)
http://shounji.jp





posted by むじゃくさん at 10:05| Comment(0) | 仏教を楽しむ

2017年09月16日

9月写経の会の中止について(お知らせ)

いつも正雲寺別院「写経の会」にお集まりくださる皆さま
明日(9月17日)開催の、「写経の会・茶話会」は、台風18号が勢力を維持したまま九州地方に接近する予報を受けて、参加者の皆さまのご安全を考慮しまして、止む無く中止とさせて頂きます。
月に一度の写経の会を楽しみにされている皆さまには、ご迷惑をおかけしますことを、心よりお詫び申し上げます。

なお、来月の写経の会は「10月15日」となります。
写経会メンバー様は、いつも通り参加予約とさせて頂きますので、ご都合が悪い方のみお知らせをお願い致します。

台風18号は強い勢力のまま日本を縦断する恐れがあるようです。台風による大きな被害が出ないことを唯々祈るばかりでございます。皆さまもこの週末を、どうぞご無事にお過ごしくださいませ。

skeleton-flowers-sankayou-05.jpg


posted by むじゃくさん at 15:19| Comment(0) | 写経の会

2017年09月11日

気分はまるで小学生!お寺で楽しい書き方教室

012.JPG

<今月も、美文字を目指す大人たちが、正雲寺に集いました\(^o^)/
硬筆の先生にご来寺いただき、私も、皆さまと一緒に生徒の一人として、学ばせて頂いております。2回目となるこの日、先生の予定では『カタカナ』に進むはずが、熱心(?)な生徒さんのご要望により、先月に引き続き『ひらがな』の学習。←ハンニンハワタクシ^^
なぜか、書けば書くほどに、文字の形が???(笑)
息が詰まるほどに、真剣に!
真剣になればなるほど…
ため息が出ちゃうような〜^_^;
五十の手習いは、中々容易なことではございません((+_+))
しかし、努力は必ず報われる!きっとね♡
“美文字”を目指す仲間たちは、着実に上達をされていました。

008.JPG

いつの世も、どんな時も、頑張った人にはご褒美はあるもの♪
この日も、正雲寺の聖域にポッカリと口をあいたブラックホール(?)に吸い寄せられるように、それとも、くいしん坊のおぼーさんの引き寄せのパワーかしら(笑)
いづれにしても、たくさんの、美味しいお布施が集合致しました。アリガタヤアリガタヤm(__)m
これはもう茶話会の域を超え、ランチ会です\(^o^)/
お持ちくださる方の、みんなに喜んでほしいと思う心と、
いただくそれぞれの、素直に感謝し喜ぶ心が、共鳴するこの光景!
もう笑顔いっぱいです\(^o^)/
午後からは、ステンドグラスのご奉仕もいただき、
この日も、たくさんの皆さまに支えていただく、一日となりました。
ありがとう三拝m(__)m\(^o^)/m(__)m
―この日のメニュー―
・3日仕込みのこくまろカレー
・季節の野菜ピクルス
・ホクホクかぼちゃのウマウマプリン
・いなり・巻寿司・おはぎ(ふじのや//坂ノ市)
・ブラックモンブラン

001 (4).jpg



※大人の書き方教室は、毎月第一日曜日
現在、10時からのお教室は満席となっています。
参加希望の方が多数いらっしゃる時は、他のクラスをつくる予定もございます。
メッセンジャー又はお電話でお問合せ下さい。

posted by むじゃくさん at 14:30| Comment(0) | ワークショップ

2017年09月07日

9月写経の会ご案内

001 (2).JPG

【9月お写経/しなやかな心を目指しましょう】
「自分をコントロールできる、よい“御者”になりなさい」
お釈迦様は常々そうおっしゃっていたそうです。
放っておくと暴れやすい、そんな心を意識して、心が瞬間的にけしかける衝動に動かされないこと。ちょうど優良ドライバーが丁寧な運転をするように、欲望や怒りをコントロールして善き人間になろうとすること、それが仏教の目標です。

私たちはどうして自分の心をコントロールできないのでしょうか?
それは先日も書きました通り「心は暴れ馬の如し 心は猿のごとし」だからなのでしょう。そんな心を放し飼いにしていては、いづれは自分自身が苦しむことになります。苦しみに効くお薬…それがお釈迦様の教えです

正雲寺ではお写経会を始める前に、まず経本を手にみんなで「般若心経」を読経します。お腹の底から声を出すことで身心はスキッと引き締まります。そしてお写経。最後に、短いお説法を聞いて頂き終了です。その後、お部屋をかえて茶話会です。最近の茶話会のメニューは、まるでランチ会になりつつあります。そう!お料理が豪華!これもご協力くださる各店舗様のお心遣いのお蔭様でございます。感謝。

7月より、午前の部に加えて午後の部も開催しております。
ゆっくりじっくり自分と向き合いながら、お経を浄写したい方は、午後をお薦めいたします。
今月も皆さまのご参加をお待ちしております。

今日も皆さまが、善き一日でありますように✿
合掌

―9月写経の会―
日   時:9月17日(日)午前の部/10時 ・ 午後の部/2時
場 所:正雲寺(しょううんじ)大分別院「仏殿」
住   所:由布市挾間町朴木1027(大分医大様とローソン様信号を挾間方面へ直進7q)
参加費:午前の部/お写経と茶話会 1,500円(納経代・お料理代)
       午後の部/お写経   1,000円(納経代)
茶話会料理:「和dining なな瀬」様 9月写経.jpg


posted by むじゃくさん at 07:32| Comment(0) | 写経の会

2017年09月06日

しあわせに生きるために…大切なこと6つ

お釈迦様は、私たちが、いつも楽しく、しあわせに生きていくためには、
何が大切かを教えてくださっています。
1. だれにでも優しくすること。
2. 人を信じること。
3. 嘘をつかないこと。
4. よくばらないこと。
5. 腹をたてないこと。
6. 一日一回は「ありがとう」という気もちを伝えること。

この6つ、一見あたり前で容易いこと、と思えますが…、
あたり前のことができないのが、私たち人間です。
それは、誰にでもある「わがままな心」が、
すぐに自分の心を引っ張ってしまうからなのでしょう。

「心は暴れ馬のごとし、心は猿のごとし」
私たちの心は、いつもはげしく動き回っています。
そんな心に気付いたら、そっと手を合わせてみましょう。
きっと大切な教を守ることができるはずです。
21319291_1318974334895034_8199050697611753197_o[1].jpg

21366662_1318974214895046_7544709803240115747_o[1].jpg

最近の正雲寺…
勝手に「寺カフェ」化しています(笑)
毎日のように、どこからともなく美味しいお布施が集まり、
自然と笑顔が溢れます。
そこには、欲張る人も、腹を立てる人も、嘘をつく人もいない、
やさしさと、ありがとうに包まれる、豊かな空間です。
いつもしあわせを運んでくださる皆さまに、心から感謝申し上げます。
合掌21314665_1318973861561748_8374487812962737126_n[1].jpg21317846_1318973871561747_337404960889271504_n[2].jpg






posted by むじゃくさん at 22:36| Comment(2) | 仏教を楽しむ