2019年05月26日

<咲いた〜咲いた〜仏さまの花に笑顔の花『此の花さくやAkemiハスワーク』>

61041759_1933663270072247_5694276858036617216_n[1].jpg

昨日は此の花さくやAkemi先生をお招きして、初めてのハスワーク。
お写経会メンバーでもある『大園広子』さんからのご縁で、実現いたしました。感謝緑ハート
ずっと心待ちにしていたハスワーク、
それは予想をはるかに超える楽しさでした。
Akemi先生の内からにじみ出るお人柄、ご参加くださいました皆さまそれぞれの心に秘めた思いが相まって、お部屋中に七色の光が輝いているような、笑顔が溢れていました。
色とりどりの蓮の花には、お一人お一人の思い、大切なメッセージが込められ・・・
その慈しみの心はきっとあなたが思う方に届くはずです。
大切な人と心をつなぎ、
自分の心も安らぐ、
ハスワークは、悲しみの世界から光の世界へと歩むための一歩を応援してくれる、素晴らしいワークでした。
不器用なワタクシは、それをカモフラージュ(笑)するかのような不思議な蓮の花をつくりました。名付けて『宇宙のハス』!←Akemi先生命名
お釈迦様は呆れていらっしゃるかもしれません(;'∀')
正雲寺といえば寺かふぇカップケーキ
今回は、湯布院『風曜日』様にご協力頂きました。
・「リンゴのカップケーキ」
・抹茶のガトーショコラ
リンゴのカップケーキは、お花をつくるワークに合わせて、リンゴを花びらに見立てると素敵なお気遣いを黄ハート
お陰様で美味しい時間をみんなで楽しませていただきました。姿子さん、いつもありがとうございます(^.^)きらきら
『泥中の蓮花』、
泥という悲しみや苦しみがあるからこそ、美しい花を咲かせることができます。皆さまのこれからの一歩一歩に、美しい大輪の花が咲きますことを、心より願っております。
Akemi先生、ご参加の皆さま、素敵なひと時をありがとうございました。合掌


61228112_2078723612253432_8937558073728303104_n[1].jpg
posted by むじゃくさん at 10:47| Comment(0) | ワークショップ

2019年03月11日

東日本大震災、あの日を忘れない

今日で東日本大震災から丸8年が経ちます。
正雲寺大分別院では、地震が発生した午後2時46分に、犠牲になられた方々の慰霊法要をお勤めいたします。
どなた様もご参列頂けます。
また、もしお時間が許しましたら、あなたがその時いる場所で、そっと掌を合わせて頂けたらと思います。
あなたの祈りは春風にのって、被災地へと伝わるはずです。
合掌
※ご参列くださる方は、本日 午後2時30分までに正雲寺仏殿にお集まりください。

16998144_1142054575920345_1132308968402831760_n[1].jpg
posted by むじゃくさん at 10:59| Comment(0) | 供養

2019年02月05日

\大合掌門、今度はお色直し/

大合掌門が一人の奇特な青年により大掃除されたのは昨年の暮れのこと。
汚れが落とされると、長年の風雨にさらされた荒れた肌が露となりました。
青年は、その状態を放置できませんと。
先週末のことです。
この青年が高所作業車という特殊車両でやってきたのは!
この車両を初めて見るワタクシはまたまた感動!
とにかくすごいんです。
ギーガタン!
ウィーン!ヒューーーーーーン!!!
ニューーーーーーツ!
合掌門の周りを自由自在に動き回ります。
これはもうロボットね!
まるで映画の世界(笑)
そんな映画を昔観た覚えがありますが、タイトルを忘れましたあせあせ(飛び散る汗)

当初は、塗装が剥げた箇所だけを塗る予定でしたが、ご本人はそれでは気が収まらず、巨大な手のすべてに塗装を施して下さいました。一日仕事となりました。
ちょうど作業が終わったのは夕刻。
夕陽を浴びる合掌門が白く輝く姿は見事でした。
生まれ変わった巨大な合掌門!
どうぞ皆さま、写真撮影におこしください。
インスタ映えするかしら(^.^)
一人の青年の布施の心と行動にまた助けていただきました。


『布施』とは『親切』
『布施』は相手の幸せを念じてお金や物など形あるものばかりではなく、こまやかな心遣いや優しい言葉などを施すこと。この青年の布施は、相手のために労苦をいとわず働く「身施」というものです。
少しだけ自分よりも人のことを想う気持ちをもつことができれば、私たちの日常には親切という布施のチャンスがたくさんあります。
そして布施は一見、相手のためにしているようにみえますが、実は自分の幸せも生むものです。

まずは、どこでも誰にでもできる布施の一つ、笑顔のプレゼントからはじめてみませんか(^_-)-☆

DSC_1224.JPG


DSC_1225.JPG



posted by むじゃくさん at 11:42| Comment(0) | 日記

2018年12月28日

\「大合掌門」初の大掃除!/

正雲寺の入り口にでん!と構えるこの合掌を模った門は、意外や意外有名なようです。
マスコミにも何度か紹介されたことがあり、今もこの門の前で記念撮影をする方たちを良くお見掛けします。

さて先日のこと、トラックの荷台に何やら機材とタンクを載せて一人の青年がやってきました。
いつもSNS上の写真を見てくださっているこの方は、合掌門の汚れがずっと気になっていたとのこと。大掃除をしたいという思いで、年末のお忙しい中を、わざわざ福岡から駆け付けて下さったのでした。
なんて、奇特な方でしょう!思わずこの青年に合掌三拝!

業務用の高圧洗浄機はやはりパワーが違います。
天空に向けて噴き出すしぶきの勢いが、とにかくすごーーーーい!
合掌している大きな手も、とっても気持ちよさそう!
間もなくすると、門は、ピッカピカにきらきらキャラクター(万歳)きらきら
見ている私も清々しい\(^o^)/



掃除をするということは、自分の心も綺麗にするということ。
掃除という行いによって、自然と心の中も綺麗になる。
これがつまり「修行」、行を修めるということ。



合掌門の大掃除は、門を塗り替えてからかれこれ10数年ぶりのこと。
門というのはお寺に限らず、その家の顔となる場所でもありますね。
そのような大事な場所を見事に磨いて下さいましたこの青年の心も、また見事に磨かれたはずです。

そして日頃より自坊の掃除をお手伝い下さる方々にも、心より感謝申し上げます。


あと3日で一年が終わろうとしています。大掃除はお済ですか?
一年の間にたまった汚れを綺麗に落とし、新鮮な気持ちで新しい年をお迎えしましょう。
いつも、ありがとうございます。
合掌

DSC_0852.JPG

posted by むじゃくさん at 10:16| Comment(0) | 仏教を楽しむ

2018年12月12日

\心でつながる/


ここ数日続いていた曇り空に、やっと青空が見えてきました。お山はうっすらと雪化粧。
寒さのなかでも、静かに私たちを見守ってくださいます。
生きていると理不尽なことが起きることがあります。辛くて、悲しくて、その思いを誰に、どこにぶつけていいのかわからない。
自分のことなら我慢できても、自分の大切な人に起こると、その憤りはなおさらです。
でも、忘れないでください。
あなたは一人ではないことを。
あなたの大切な人も、あなたの仲間も皆があなたに励ましの心を送っています。
「心は誰にも見えないけれど、心遣いは見える。思いは見えないけれど、思い遣りは誰にでも見える」
金子みすゞさんの詩の一部です。
仲間からの励ましちからで自分の心の怒りを鎮め、大切な人のために優しい心で向き合ってほしいと願っています。
では、
今日も皆様が、お幸せな一日でありますように四つ葉
合掌

48212721_1830906593701803_6435891472377053184_n[1].jpg


















チャッ
posted by むじゃくさん at 00:00| Comment(0) | 日記