2019年06月03日

紫陽花

61922115_2091920247600435_2093856347039727616_n[1].jpg


おはようございます。
今週は、大分も梅雨入りのようですね。
日に日に濃くなっていく緑の中に、
色鮮やかな紫陽花が咲き始めています。
雨がしとしと降る間も、静かにたたずみ、
鮮やかな色で気持ちを華やかにさせてくれる紫陽花。
憂鬱な梅雨を吹き飛ばしてくれる花です。

写真の紫陽花は、3年前にじぃや僧侶が挿し木から育てたもの。
私がご近所さんに咲いていた白の紫陽花を見て、
「この紫陽花を植えたいね」といったことから始まり、
そうであれば、境内を囲むように植えましょう、と、
じぃや僧侶は頑張りました!
桜は父が、
紫陽花は、じぃや僧侶が・・・
花の咲く寺、
笑顔が咲く寺、
お参りくださる皆さまの心が、
安らぐ寺でありたいと思います。
合掌

61519880_2091920360933757_9089482994112004096_n[1].jpg


posted by むじゃくさん at 09:50| Comment(0) | 日記

2019年05月26日

<咲いた〜咲いた〜仏さまの花に笑顔の花『此の花さくやAkemiハスワーク』>

61041759_1933663270072247_5694276858036617216_n[1].jpg

昨日は此の花さくやAkemi先生をお招きして、初めてのハスワーク。
お写経会メンバーでもある『大園広子』さんからのご縁で、実現いたしました。感謝緑ハート
ずっと心待ちにしていたハスワーク、
それは予想をはるかに超える楽しさでした。
Akemi先生の内からにじみ出るお人柄、ご参加くださいました皆さまそれぞれの心に秘めた思いが相まって、お部屋中に七色の光が輝いているような、笑顔が溢れていました。
色とりどりの蓮の花には、お一人お一人の思い、大切なメッセージが込められ・・・
その慈しみの心はきっとあなたが思う方に届くはずです。
大切な人と心をつなぎ、
自分の心も安らぐ、
ハスワークは、悲しみの世界から光の世界へと歩むための一歩を応援してくれる、素晴らしいワークでした。
不器用なワタクシは、それをカモフラージュ(笑)するかのような不思議な蓮の花をつくりました。名付けて『宇宙のハス』!←Akemi先生命名
お釈迦様は呆れていらっしゃるかもしれません(;'∀')
正雲寺といえば寺かふぇカップケーキ
今回は、湯布院『風曜日』様にご協力頂きました。
・「リンゴのカップケーキ」
・抹茶のガトーショコラ
リンゴのカップケーキは、お花をつくるワークに合わせて、リンゴを花びらに見立てると素敵なお気遣いを黄ハート
お陰様で美味しい時間をみんなで楽しませていただきました。姿子さん、いつもありがとうございます(^.^)きらきら
『泥中の蓮花』、
泥という悲しみや苦しみがあるからこそ、美しい花を咲かせることができます。皆さまのこれからの一歩一歩に、美しい大輪の花が咲きますことを、心より願っております。
Akemi先生、ご参加の皆さま、素敵なひと時をありがとうございました。合掌


61228112_2078723612253432_8937558073728303104_n[1].jpg
posted by むじゃくさん at 10:47| Comment(0) | ワークショップ

2019年05月20日

<5月正雲寺定例写経の会 にぎやかに開催!>

昨日は雨天の中を、お写経会にお運びくださいました皆さま、ありがとうございました。
正雲寺のお写経会の日に雨が降ることは稀なことなのですが、昨日は五月雨の響きが心地よく、いつも以上に心洗われる時間をお過ごし頂けたようでした。
「月に一度のこの時間をとても大切に思っています」というお声も頂き、この会が少しでもお役に立てていることが嬉しく、そして有難く思えました。
皆さまのお支えのお陰様で、この写経の会はあります。
来月もご参加もよろしくお願いいたします。

19-05-20-09-00-21-148_deco.jpg

―寺カフェ―
5月は、臼杵市は野津から「吉四六」さんが駆けつけてくださいました!
先月オープンほやほやの吉四六。
店長のお人柄とお味が、すでに話題となっているラーメン店です。
そんな人気のお店が、一日店を閉めてご協力くださいました。
それだけではなく、メニューも大サービス!
・あご出汁中華そば
・豚骨仕立ての特性カレーライス
・さくさく唐揚げ
出来立てのラーメンをみんなでフーフーいいながら美味しく美味しくいただきました。雨の肌寒さがちょうど良かったようです。
※お布施の部
・チョコレートパイ
・四国坊ちゃんだんご
・手作りガトーショコラ
お腹も心も満たされた、5月のお写経会&寺カフェでした。
感謝緑ハート合掌

19-05-20-09-03-29-808_deco.jpg

posted by むじゃくさん at 12:53| Comment(0) | 写経の会

2019年04月24日

〜正雲寺 癒しの寺ワーク〜 〈此の花さくや Akemi先生と「ハスワーク」〉

令和を迎える新緑の5月
一足早い蓮(ハス)との出愛(であい)をなさいませんか?
〔此の花さくや Akemi先生〕にご指導いただきながら、
清らかなハスの花を咲かせましょう。

*   *    *
春満開から、山々は、新緑の季節へと。

ここ、正雲寺さまで、
お釈迦様、仏教のご縁のハスの花を咲かせることができますことに、感謝申し上げます。

【ハスワーク】とは、
ハス紙という韓国の紙を使って、ハスの花を作るというものです。
どなたでも、作り方がわかりさえすれば、
違うお色の組み合わせ、開き具合を変えたりと、
幾つでも作りたくなるのが、魅力の一つです。

❀制作時間は、1時間から、1時間半ほど。
❀10色の色から、お好きな色の紙を選んでいただけます。

大切な方を偲ぶハスの花、
大切な方への贈り物、お供え物として、
また、ご自分の癒しのインテリアとして。
ご縁のハスを、ご一緒に咲かせませんか?
よろしくお願いいたします。
―此の花さくや Akemi―

『泥中の蓮』
蓮の花は泥水の中に身を横たえながら、
その泥を肥料として昇華しあの美しい花を咲かせます。
泥水は人生の悲しみ、苦しみと同じ。
あなたの願いの心を、
あなたの懺悔の心を
蓮の花に映しだしてみませんか?
念ずれば花ひらく・・・
心が浄化されたとき、あなたの美心(びじん)が開花します。
あなたの心の色、
どんな色か楽しみですねきらきら


ハイビスカス日時  令和1年5月25日(土) 
     午前10:00〜
ハイビスカス場所  正雲寺大分別院
ハイビスカス定員  20名(親子でのご参加も大歓迎です)
ハイビスカス参加費 2300円(茶話会菓子代含む)
ハイビスカス持ち物 ハンドタオルか濡れティッシュです。
また、日頃からメガネをお使いの方は、手仕事をしますので、お持ちください。
ハイビスカス申込  正雲寺大分別院 電話1(プッシュホン)097-583-4433
又はイベントページ上でのコメント、メッセンジャーよりお気軽にお問合せ、お申込みください。

◆ワーク終了後
それぞれに美しい花を咲かせたら、
みんなでお茶会をいたします。
どんな思いで作ったのか、
そんなお話ができたら嬉しいです。
皆さまのご参加をお待ちしております。
無著四つ葉合掌


講師紹介
2017年に、ハスワークを学ぶ。ハスワークのワークショップを開催中です。

資格 日本プリザーブドフラワー協会ディプロマ、マダム桐越プリンセスドール認定校、マダムクレアフラワーキャンドル認定講師、フローラルニューヨーククラブ、など。


無題.png




posted by むじゃくさん at 18:30| Comment(0) | ワークショップ

2019年04月22日

<4月正雲寺別院 定例写経の会>

19-04-21-23-37-11-959_deco.jpg

澄みわたる青い空と柔らかな陽光が降りそそぐお山にて、平成最後の写経の会を開催いたしました。
選挙期間中にも関わらず40名弱の皆さまにお集まりいただきました。
歴史的瞬間を迎えようとしている今、皆さまそれぞれの願い、思いを文字に込められていたように拝察いたしました。
お写経後の法話では、新年度を迎え、また令和という新しい時代を迎えるにあたり、皆さまに心がけて頂きたいこと2つをお伝えさせていただきました。
ご参加のお一人が、その内容を簡潔にまとめてFBに投稿してくださいましたのでご紹介させていただきます。

「貴方の幸せが私の幸せ」と感じるほど 自我をなくし相手を思いやる菩薩さまのような心をもちましょう。←お見事ですヽ(^o^)丿

つたない私のお話に耳を傾けていただき、ここまで理解くださったことを嬉しく感じております。毎月の法話の時間は、皆さまと共に私も学ばせていただく時間。どうぞこれからもお付き合いいただけましたら幸いでございます。

午後の部の方々とは、しばし境内で自然とふれ合う時間を。
みんなで空を見上げ雲の行方を追っていましたら、少女時代にタイムスリップしたような、心地よさに包まれ、新しい時代へ希望を馳せる、温かな春の一日となりました。
また今月も新しい仲間が増え、ご縁の広がりに感謝が尽きません。
ご参加いただきました皆さま、大変ありがとうございました。

19-04-21-23-51-36-147_deco.jpg

〜寺カフェ〜
今月は「だし巻きサンド」が人気の、『食堂café くーれん』様にご協力いただきました。お弁当には、ご自慢のだし巻き玉子がデン!とのせられていました。卵の甘さとだしのコクが相まって、美味しゅうございました。ご多用の中を、早朝から配達くださり、ありがとうございました。

さて今月も参加者様の皆さまから、たくさんの美味しいお布施が寄せられました。
皆さまの、温かな思いやりのお心に感謝申し上げます!

きらきら食堂café  kuh-ren
大分市大字田原990-2
電話1(プッシュホン)097-542-2286
open :11:00〜15:30
定休日 日曜日

〈5月定例写経の会〉
日時:5月19日(日)午前の部/10時
           午後の部/14時
参加お申込みは随時受け付けております。
どうぞお気軽にご参加ください^ ^
posted by むじゃくさん at 11:38| Comment(0) | 写経の会