2018年09月02日

『9月写経の会@正雲寺大分別院』ご案内

9月写経会パンフ.png

深まりつつある秋の景色に包まれる頃、
月に一度の「写経の会」の日が訪れます。
正雲寺の「写経の会」は毎月第3日曜日。
今月は9月16日(日)となっております。
午前の部、午後の部とございますので、ご都合の良いお時間をお選びください。

体を休めることは考えても、
心を休めることは忘れている、あなた・・・
体のダイエットは気になるのに、
心のダイエットの大切さは誰も気がつかない・・・
心が重いと感じると、体も重く感じるもの。

心に溜め込んでいる不安や疲れを、
どうぞ落としにいらしてください。
あなたの心の健康はあなた自身が守るもの。
日々忙しくされている皆さまに、どうかご参加頂けましたら幸いでございます。

お写経に必要なお道具はすべてご用意しております。
足のお悪い方には椅子席をご用意させていただきます。
お申込の際にお伝えください。

〜寺カフェ〜
午前の部のみになりますが、お写経の後はみんなで親睦会。
軽食をいただきながら楽しい時間をお過ごしいただきます。
posted by むじゃくさん at 16:23| Comment(0) | 写経の会

2018年08月31日

行住坐臥の大切さ

行住坐臥は、「ぎょうじゅうざが」と読みます。
禅門では、日常の立ち居振る舞いを大切にいたします。とくに食事作法は厳しいのです。

様々な方とお食事をご一緒させていただくことがあります。そのようなときにご一緒した方から、「とても美味しそうに食事をされますね」と言われることがあります。私が食いしん坊ということもあると思うのですが…^_^;
それはそれとして、丁寧に食べている姿が美味しく食べているというように見えるそうです。

禅の道場では、食事の作法を厳しく指導いただきます。一粒のお米、一枚の野菜の葉にも、その尊さを拝み、無駄にいたしません。

禅宗では、食事をいただく前に、「今このいただく食事にかかわりあるすべての人びとの苦労と、自然の恵みと、植物の尊さを心に思い、すべてのものに感謝します」という意味のことをお唱えします。

よく「食事の前にお祈りしないのは日本人だけです」という批評を耳にいたします。

祈りを言葉にしないまでも、合掌はどこでもできるはずです。
食事のときに合掌するのは、一滴の水、一粒のお米を神仏の化身として感謝を捧げた、敬虔な先人の生き方の現れと、あるご老師から教えて頂きました。

食事をいただいた後の器がキレイであること、お箸のおき方、洋食であれば、ナイフとフォークを丁寧に並べて置くこと、そんな小さなことにこそ、その方の感謝の心や真心が現れてくるように思います。

皆さまが、
今日もお幸せな一日でありますように✿
合掌

※お素麺の上のトッピングは“オクラの花の甘酢漬け”
お友達から聞いた甘酢漬けの化学実験(笑)の結果発表です。
オクラの黄色い花が、あら不思議・・・ピンク色に!(@_@;)!
しっかりお出汁の冷たいお汁で、チュルチュルっといただきました♡

DSC_6042.JPG

posted by むじゃくさん at 10:40| Comment(0) | 仏教を楽しむ

2018年08月30日

女性のためのカフェ相談会のお知らせ

毎月第一水曜日開催の、女性のための『声聞会』。
来週9月5日(水) 府内町の「キッチンカフェ アリシア」様を貸切にさせて頂き開催いたします。

女性のための『声聞会』は、”女性のためのお悩み相談会”です。
人は大なり小なり、悩みを抱えていらっしゃいます。
ひとりで考え続けていて解決しなかったことが、

・人に話すことで自分自身に答えが見えてくる
・皆さんのお智恵を借りて解決する
・専門家の先生に紹介させていただき解決する
など、改善の方向へ向かっている方が多くいらしゃいます。

また、自分では深刻に考えていたことが、以外にも悩むほどのことではなかったり、反対に、小さな問題と思っていたことが重大な問題だったりと、人に話すことの重要性が見えてくる集いの場となっているようです。

あなたの心の負担が大きくならないうちに、
ここに来て話してみませんか?
ここで話した内容は、すべて秘密厳守としています。
安心して、ご参加下さい。

お申し込みは、メッセンジャー又は、
正雲寺大分別院:097-583-4433 (山本無著)迄

あなたの心が軽くなることを祈って♡

声聞会チラシ.jpg
posted by むじゃくさん at 09:34| Comment(0) | 出張相談

2018年08月25日

観月の夕べ〜「盲目のヴァイオリニスト穴澤雄介コンサート」ご案内

9月20日(木)19時〜、正雲寺法音ライブ『盲目のヴァイオリニスト穴澤雄介コンサート』を開催いたします。
前回の穴澤氏のコンサートは、2016年の熊本地震のチャリティーライブ。湯布院町でも大きな被害となり、穴澤氏は被災された方々の為に、少しでもお役に立ちたいという思いで、東京から大分に駆けつけて下さり、コンサート収益金のすべてを由布市に寄付して下さいました。昨年はこちらの予定と合わず、コンサート開催を見合わせましたが、今年は開催いたします!

「見えなくなってからあらためて、何かが見えてきた気がするんです。」
と語る穴澤氏が奏でるヴァイオリンの音色には、「憂い」、「やさしさ」、「強さ」そして「励まし」のメッセージが込められているように思います。月夜の光の中、あなたの“今”の心に寄り添う穴澤氏の音楽に耳を傾け、清らかなひとときをお過ごし頂けましたら、幸いでございます。

コンサートの後には更にお楽しみが!
穴澤氏を囲んで、みんなでお月見食事会♪
今回は、『予祝cafe nico seed』様が、季節感豊かな「お月見弁当」をご用意くださいます。
そして、湯布院の『ジャム工房 風曜日』様のジャムの試食販売もございます。

静寂と歓楽の夜・・・
五観を満たす観月の夕べを、どうぞお楽しみくださいませ。

〔お申し込み方法〕現在受付中!
メッセンジャー:山本無著まで
電話:正雲寺 097-583-4433 

お気軽にご参加ください

2018 正雲寺法音ライブ.jpg
posted by むじゃくさん at 19:37| Comment(0) | 日記

2018年08月21日

今月も正雲寺大分別院『写経の会』開催いたしました。

<8月19日 『正雲寺写経の会』開催致しました>
快適なお天気に恵まれました昨日、挾間町のお山の正雲寺大分別院では、月に一度の『写経の会』を開催いたしました。
友人の一言から始めさせて頂きました写経の会は、お蔭様でこの8月、5年目を迎えました。その事に気が付いたのは、なんとお写経会当日の朝(@_@;)
何とも、情けない…わたくし、やや?かなり?ボケが生じてきたのかもしれません。。。しっかりしなくては!!!と、自分で自分に鞭打った朝でございました。

今月もご参集くださいました37名の皆様、ありがとうございました。
2014年8月の第1回目より、現在も続けておられる皆様、いつもありがとうございます。
今月、ご都合によりお休みされました皆さまも、いつもありがとうございます。沢山の方々のお支えのお蔭様で、正雲寺お写経会の輪が広がっております。これからも『正雲寺写経の会』が、皆様の心休めの場としてお役に立てましたら幸いでございます。
「かざらず、かまえず、かたよらず」、
の心で、これからも皆さまお迎えさせて頂きます。
どうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>

〜お楽しみ寺カフェ〜
今月の寺カフェメニューは、私の勝手なリクエストにより、夏にぴったりの「冷汁」。お写経会メンバーのお一人でもある、木下みゆき様にお願いをして作って頂きました。冷汁が初めてという方もいらっしゃり、なんと大好評\(^o^)/美味しいが連呼していました。
そこのあなた!
冷汁は、ただの冷たいお味噌汁と思っていませんか?
それがですね、まったく違うんです!
宮崎ご出身のみゆきさんの冷汁は、本格的!
こだわりの食材をふんだんに使い、とにかく手間暇がかかっています。
本当に美味しゅうございました♡
みゆきさん、ありがとうございました。

★寺カフェメニュー
・宮崎名物特製冷汁
・宮崎流きゅうりの即席漬け
・イクリゼリー
・フルーツバスケット
・すいか
午後の部は、お布施のお品を皆さんと一緒に美味しく頂きました\(^o^)/


次回、正雲寺「写経の会」お知らせ
日時:9月16日(日)午前の部 10時
           午後の部 2時

ご予約は、随時受け付けております。
メッセンジャー又はお電話でお申込ください。
п@097-583-4433   

8月フォト.jpg
posted by むじゃくさん at 07:29| Comment(1) | 写経の会