2017年09月07日

9月写経の会ご案内

001 (2).JPG

【9月お写経/しなやかな心を目指しましょう】
「自分をコントロールできる、よい“御者”になりなさい」
お釈迦様は常々そうおっしゃっていたそうです。
放っておくと暴れやすい、そんな心を意識して、心が瞬間的にけしかける衝動に動かされないこと。ちょうど優良ドライバーが丁寧な運転をするように、欲望や怒りをコントロールして善き人間になろうとすること、それが仏教の目標です。

私たちはどうして自分の心をコントロールできないのでしょうか?
それは先日も書きました通り「心は暴れ馬の如し 心は猿のごとし」だからなのでしょう。そんな心を放し飼いにしていては、いづれは自分自身が苦しむことになります。苦しみに効くお薬…それがお釈迦様の教えです

正雲寺ではお写経会を始める前に、まず経本を手にみんなで「般若心経」を読経します。お腹の底から声を出すことで身心はスキッと引き締まります。そしてお写経。最後に、短いお説法を聞いて頂き終了です。その後、お部屋をかえて茶話会です。最近の茶話会のメニューは、まるでランチ会になりつつあります。そう!お料理が豪華!これもご協力くださる各店舗様のお心遣いのお蔭様でございます。感謝。

7月より、午前の部に加えて午後の部も開催しております。
ゆっくりじっくり自分と向き合いながら、お経を浄写したい方は、午後をお薦めいたします。
今月も皆さまのご参加をお待ちしております。

今日も皆さまが、善き一日でありますように✿
合掌

―9月写経の会―
日   時:9月17日(日)午前の部/10時 ・ 午後の部/2時
場 所:正雲寺(しょううんじ)大分別院「仏殿」
住   所:由布市挾間町朴木1027(大分医大様とローソン様信号を挾間方面へ直進7q)
参加費:午前の部/お写経と茶話会 1,500円(納経代・お料理代)
       午後の部/お写経   1,000円(納経代)
茶話会料理:「和dining なな瀬」様 9月写経.jpg


posted by むじゃくさん at 07:32| Comment(0) | 写経の会

2017年09月06日

しあわせに生きるために…大切なこと6つ

お釈迦様は、私たちが、いつも楽しく、しあわせに生きていくためには、
何が大切かを教えてくださっています。
1. だれにでも優しくすること。
2. 人を信じること。
3. 嘘をつかないこと。
4. よくばらないこと。
5. 腹をたてないこと。
6. 一日一回は「ありがとう」という気もちを伝えること。

この6つ、一見あたり前で容易いこと、と思えますが…、
あたり前のことができないのが、私たち人間です。
それは、誰にでもある「わがままな心」が、
すぐに自分の心を引っ張ってしまうからなのでしょう。

「心は暴れ馬のごとし、心は猿のごとし」
私たちの心は、いつもはげしく動き回っています。
そんな心に気付いたら、そっと手を合わせてみましょう。
きっと大切な教を守ることができるはずです。
21319291_1318974334895034_8199050697611753197_o[1].jpg

21366662_1318974214895046_7544709803240115747_o[1].jpg

最近の正雲寺…
勝手に「寺カフェ」化しています(笑)
毎日のように、どこからともなく美味しいお布施が集まり、
自然と笑顔が溢れます。
そこには、欲張る人も、腹を立てる人も、嘘をつく人もいない、
やさしさと、ありがとうに包まれる、豊かな空間です。
いつもしあわせを運んでくださる皆さまに、心から感謝申し上げます。
合掌21314665_1318973861561748_8374487812962737126_n[1].jpg21317846_1318973871561747_337404960889271504_n[2].jpg






posted by むじゃくさん at 22:36| Comment(2) | 仏教を楽しむ

2017年08月26日

「おなじいのち」は「大切ないのち」

今月11日より、大分市の平和市民公園能楽堂では『ふわふわ守り隊/「おなじいのち」は「大切ないのち」』をテーマにした展示が開催されています。
残念なことに初日のパネルディスカッションに足を運ぶことができませんでしたが、せめて展示だけでもと思い、やっと昨日、拝見して参りました。
写真やオリジナルのイラストを使って、ダイレクトに目に訴えてくる展示、そして分かりやすい解説。ふわふわ守り隊の方々が、小さないのちと真剣にそして丁寧に向き合っている姿が、切々と伝わって参りました。

わたしたち人間の身勝手な判断や行動から、多くのいのちが犠牲になっていることに対して、
まず、「わたしたち人間が変わること」の大切さを訴え、その結果「犬猫の環境も変わる」ということを伝えていらっしゃいます。この言葉に、私は強く惹かれました。

地上における存在の働きは、次の様に分類されるといいます。
鉱物は、物質だけ
植物は、物質+いのち
動物は、物質+いのち+喜び悲しみを認識する力
人間は、物質+いのち+喜び悲しみを認識する力+いのちの尊さを自覚する力
この4つに分類されたすべての働きは、天地いっぱいのお働きをいただいて存在することができます。
仏教が教える「すべてのいのちは皆平等である」ということを意味します。
動物のいのちも植物のいのちも私たち人間のいのちも、いのちの重さにおいては、まったく平等だと仏教では受け止めます。
そして、いのちの尊さを自覚することができるのは、人間にのみに与えられた能力です。
地上の生態系の頂点としていのちを頂いた私たち人間は、他のいのちも大切にしなければならないという使命があるように思います。

ふわふわ守り隊隊長が訴える「わたしたち人間が変わること」、
これは、動物愛護の向上を目指すために、大変重要な課題だと心に迫ってくるものがございました。


これから、ペットを家族に迎えたいとお考えの方、既にペットと一緒に暮らしている方も、知らなかったこと、又ご参考になることが、きっとあると思います。お時間が許しましたら、この機会に能楽堂へ足をお運び頂ければと思います。

また能楽堂売店では、可愛い猫モチーフのオリジナルチャリティーグッズの販売もされていました。猫好きな方にはとってもお勧めです(^_-)-☆

※展示開催は、本日17時迄、最終日明日27日(日)15時迄
【場所】場所:平和市民公園能楽堂 エントランスホール
【入場料】無料

『ふわふわ守り隊』様の、応援をよろしくお願いしますm(__)m

皆さまが今日も、やさしい心でお過ごしになれますように✿
合掌016.JPG008.JPG






posted by むじゃくさん at 10:55| Comment(0) | 動物愛護

2017年08月13日

夏休み企画!お寺で!親子で!仏さまのぬり絵体験

001 (2).jpg

去る11日「山の日」
正雲寺大分別院では、夏休み企画として、親子イベントを開催いたしました。
朝方まで降り続いた雨はやみ、ちょうどいい感じのお天気に♪
9時スタートのイベントでしたが、みんな元気よく、次々に集まって下さいました。
初めは、やや緊張気味のお子さんたちも、ぬり絵が始まるとどうでしょう!
その表情は真剣そのもの!
そしてお母さん、お父さん方は、お子さんの様子を見守りつつも、ご自分のぬり絵に夢中!
おやつタイムを挟んでからは、最後の仕上げです。
色とりどりに塗られた、自分だけの仏さまを、今度はデコレーション♪
こちらでご用意した材料は、
折り紙、セロハン、リボン、貝がら、ペーパーフラワー等、
まず、飾る材料を選ぶところから、やや興奮気味の子供さんたち\(^o^)/
思い思いの飾りつけを楽しんでいる様子を見ていましたら、こちらまで楽しくなって参ります。子供さん、お母さん、お父さん、それぞれに個性溢れる「ぼく・わたしの仏さま」の掛軸が出来上がりました。
お子さんたちの夏休みの自由作品として、お役立てくださいね。
最後は、絵本「こおにのおくりもの」と、紙芝居「幸せさがし」の読み聞かせ、そして子供さん向けの「お釈迦さまのだいじなおしえ」のお説法をさせて頂きました。
お子さんたちにとりまして、お母さん、お父さんと一緒に過ごす夏休みの楽しい思い出の一つになっていたら…と、願っております(#^.^#)
ご参加くださいました皆さま、暑い中をありがとうございました。

この日の美味しい可愛いおやつは、
「湯布院風曜日」様にご協力頂きました。
イベント開催にあたり、お力添えくださいましたスタッフの皆さま、
本当にお蔭様でございました。ありがとうございましたm(__)m

お盆の入りの今日、少しだけ秋の気配を感じます。
夏休み後半も、事故なく、ご家族の皆さまで楽しい思い出をおつくりくださいハート
合掌022.JPG023.JPG

無著(むじゃく)
http://shounji.jp




posted by むじゃくさん at 19:34| Comment(0) | ワークショップ

2017年08月09日

正雲寺大分別院「8月写経の会」ご案内

【回向(えこう)】
お盆の時期となりました。
お盆という言葉から連想されること、やはり一番は「お盆休み」でしょうか。
他にも盆踊りや、精霊流しなどの行事もございますが…
やはりお盆行事の中心は、自宅にご先祖様と故人をお迎えすることですね。
仏壇にお飾りをして、迎え火をたき、お墓参り、そして家に連れて帰る。
茄子とキュウリに割箸をつけて送迎用の乗り物を作る。
ご馳走を食べていただき、送り火で送り出す。
これらは昔からの習わしですが、生きている私たちからご先祖様への優し心遣い、温かい思いが満ちています。
ご先祖さま、また亡くなられた大切な方はどこにいるか分かりませんが、
おそらく私たちの心の中に生きつづけているのではないでしょうか。
思い出の中に姿を現す、亡き人の人格に私たち生きている人間が温かい心を巡らすこと。
それが「回向」でございます。
お寺ではお経をお唱えした最後に必ず「回向文」をあげます。
そろそろどちらのお寺さんでも檀家さんを回る棚経が始まる頃、
この機会にお経の最後にお唱えする「回向文」に、少し耳を傾けてみてください。

8月のお写経会は、お盆明けの日曜日20日でございます。
夏の疲れをおとしにいらっしゃいませんか(^^)/

お蔭様で午前の部は定員数となりました。
午後の部へのご参加をお待ちしております。

そして気になる今月の茶話会メニューは!
夏!といえば、やっぱりカレー\(^o^)/
湯布院、シエスタ様のタイカレーが登場します!

今日も皆さまが、おしあわせ一日でありますように✿
合掌

8月写経会.png

無著(むじゃく)
http://shounji.jp



posted by むじゃくさん at 11:00| Comment(0) | 写経の会