2018年03月30日

4月4日は『女性のための声聞会(しょうもんえ)

26239616_1430030317122768_3573602065577412224_n[2].jpg

悲しいこと、辛いこと、一人で悩んでいませんか?
悲しみ、苦しみを抱えているのは、
あなただけではないことを、知って欲しい…
みんな、何かしらの悩みを抱えて生きています。
ここに来て、私たちといっしょに話してみませんか?
そしてここにいる仲間の悩みにも耳を傾けてみませんか?
話すだけでも、聞いてもらうだけでも、
意外や意外、心がすっきりとすることがあります。
また、難しい問題を抱えている方には、
専門分野の先生方にお繋ぎさせて頂きます。
勇気を出して、一歩を踏み出してみましょうね。

勇気を出したあなたには、
心がほぐれる美味しいご褒美が待っていますハート

・女性のための『声聞会(しょうもんえ)』は、
毎月第一水曜日に開催です。

・会場は、
 大分市府内町の『キッチンカフェ・アリシア』様
 定員8名です。

・時間は、午後2時15分〜16時過ぎぐらいまで。

・参加費は、
 アリシアさんのお料理代として1000円です。

・女性でしたら、どなた様でも参加頂けます。

『女性のための声聞会』をいつも応援くださる皆さまに、心より感謝申し上げます。合掌

001.jpg

無著(むじゃく)
http://shounji.jp
posted by むじゃくさん at 22:05| Comment(0) | 出張相談

2018年03月19日

3月写経の会も賑やかに

今月も「正雲寺写経の会」に、ご参加いただき、ありがとうございました。
午前の部のお席が満席になることが多くなり、午後の部を設けまして、数ヶ月…
午後にしか時間が取れない方、その時のご都合で午前・午後を選ぶ方など、2部制にしたことで、参加して頂き易くなったようです。
これからも、“写経で美心(びじん)になろう!の輪\(^o^)/”広げていきたいと思います!
ご協力よろしくお願い致します。

003.jpg

今月の寺カフェを担当下さいましたのは、
中央町の隠れた人気店『隠れ家』
店長の久美子さん自らおみえになり、
一緒にテーブルを囲んで下さいました。
お持ち頂いた、カレーが美味しくて!
おかわり続出!
その美味しい余韻は、この日最後まであちらこちらで聞こえていましたよ(^_-)-☆
〜寺カフェメニュー〜
・奥豊後豚の特性ポークカレー
・甘兵衛の大学芋メープルシロップがけ

〜・〜・〜・〜・〜・
午後の部は!
こちらもなぜか、お布施スイーツでの茶話会が定着しつつあります!
これも、食いしん坊のおぼーさんであるワタクシのせいでしょうか^_^;
そして、この日はスイーツバイキングができそうな勢いでした。
皆さん、本当にありがとうございます。
その多さは、お写真をご覧頂くと、よーくお分かり頂けると思います(#^.^#)

会終了後は、
お花植えのお手伝い、
『グラスチャーム』⇚ステンドグラスの御守
を作るお手伝いに分かれて、ご奉仕活動までいただきました。
本当にありがとうございました。

現在、正雲寺には、
ステンドグラス隊、
フラワー隊、
食いしん坊隊、
がございます。
あなたは、どのチームが気になりますか?

004.jpg

―4月の写経の会―
4月15日(日)
午前の部 10時より
午後の部 2時より

※茶話会は午前の部のみとなります。
来月は、超特大パエリアパンが正雲寺にやってくる模様です\(^o^)/

無著(むじゃく)
http://shounji.jp

posted by むじゃくさん at 17:04| Comment(0) | 写経の会

2018年03月12日

3.11 7年前の夜空

2355912l[1].jpg

すべてが白黒の世界に変わったあの日。
7年前のこの時間、
私は何をしていただろう・・・
当然のことながら停電のため、
街も家も暗闇。
寒さと何が起きているのか分からないという恐ろしさもあり、
真っ暗な部屋にいるよりも、
車の方が少しは落ち着くだろうと、
私は息子と二人で、車中で夜を明かしました。
ラジオが伝える、
「海岸に 200〜300人の遺体が打ち上げられた」 という意味が、よく分からずに、
ただ大変なことが起きているということだけに不安が募るばかり。
何をどうしたらいいのかわからずに、
ただ呆然と空を見つめながら、
夜明けを待っていたように思います。
暗闇となった仙台の街に、
本当にきれいな夜空が広がっていました。
それは満天の星空でした。

先に逝かれたひとりひとりに、
私たちと同じように、願いがあり、
私たちと同じように、大切な人がいました。
そして私たちと同じように、
喜怒哀楽の人生がありました。

みんな同じ、尊い命をいただいたものとして、
今日は、掌を合せたられた方もいらっしゃると思います。

震災で犠牲となられた方に、
今を懸命に生きている方に、
そして、未だ確認ができず、再会を果たせない方々に、
安らぎが訪れますように・・・。

本日、「東日本大震災物故者追善供養会」にご参詣くださり、共に祈りを捧げてくださいました方々に感謝申し上げます。合掌
合掌

無著(むじゃく)
http://shounji.jp

posted by むじゃくさん at 00:16| Comment(0) | 日記

2018年03月06日

女性の悩み相談会

【女性のための声聞会満席となりました】
毎月第一水曜日に開催しております、『女性のための声聞会』
申し訳ございませんが、今月はお席がいっぱいとなりました。
女性に限定させていただいているこの会は、やはり女性ならではの悩み事が殆どです。
それぞれの悩みをまず吐き出していただくことで、だいぶ心が楽になる方が多いようです。それは共に参加下さる皆さまが、「傾聴する、共感する、そして慈しみの心で見守る」というルールを守ってくださるから。私の役割はこの会で解決できない事柄を、専門家の方々にお繋させて頂くだけ。
最近は、声聞会の活動を知って、直接お寺にご相談に来られる女性も増えております。
もし「来月まで、心が持たない」、という方がいらっしゃいましたら、どうぞお寺までおこしください。声聞会もそうですが、ご相談の費用、ご紹介の費用等は一切頂いておりません。
ひとりで悩まないで、一緒に解決の道を見つけましょう。

26239616_1430030317122768_3573602065577412224_n[2].jpg

無著(むじゃく)
http://shounji.jp
posted by むじゃくさん at 14:18| Comment(0) | 出張相談

硬筆教室

【美文字を目指すよー(^O^)/】
毎月第一日曜日は、『硬筆教室』の日。
大分市内で硬筆教室されている先生が、月に一度正雲寺までご出張くださり、ご奉仕で美しい文字の書き方を教えてくださいます。
生徒さんは私も含めてみんな中高年(#^.^#)
六十の手習い、という諺の通り、
学問や習い事をするのに年齢制限はなく、
いくつから始めても遅すぎるということはございません。
年令を気にせず、皆さん、気分は小学生\(^o^)/
これは文字の上達だけではなく、
細胞的にも若返り作用が働くかも(笑)

先生曰く、美しい文字を書くためのコツとは、
とにかく文字をたくさん書くこと!
パソコンやスマホばかりに頼らずに、
たまにはペンを持つことが大事なようです。

大城先生は、美しい文字を書くコツを微に入り細に穿って説明くださいます。
アダルト生徒の私たちは、先生が書く文字に、もう目が釘付けです!
ほんの1oほどの違いで、ちょっとした変文字は、
美しく、へハートハートハートハート

そしてなぜか正雲寺の行事には、寺カフェが定着しつつあります。
これも食いしん坊のおぼーさんであるワタクシの責任(#^.^#)
この日も、食べきれない程の美味しい“うふふ”が集まりました。
皆さまの、お布施の心に感謝申し上げます。

美文字を目指したい中高年のみなさま〜
いっしょに、ペンをとりましょう(^O^)/

008.JPG

004 (3).jpg

無著(むじゃく)
http://shounji.jp

posted by むじゃくさん at 13:06| Comment(0) | ワークショップ