2020年03月24日

ペットちゃんの終活

七日間のお彼岸が終わりました。
お墓参りに行かれた方も多くいらっしゃると思います。
お彼岸から連想すること、
お墓参り、お寺、死などでしょうか。
それ故にこの時期、終活を意識される方も多いようです。
自坊では、ペットの火葬とお葬式をしていることもあり、ペットちゃんの終活のご相談もあります。
このお彼岸の期間も、二家族の方が、ご相談に来られました。
ペットちゃんの年齢のことを考えて、また持病があるので、とそれぞれにご心配なことをお話しくださり、不安な点をお聞きしながら、色々とお話させて頂きました。
そしてゆっくり施設等のご見学もして頂きました。
お帰りの際には、「お願いできる場所が決まったので、安心しました」と仰って頂きました。
人間の終活はご本人が考え、準備することはできますが、ペットちゃんの終活は飼い主様にしかできないことです。
命あるものには必ずお別れの日が訪れます。
その現実と向き合うことは勇気のいることですが、大切な家族として共に生きているペットちゃんのためにも、万が一の準備、心の準備は必要です。

お願いする場所が決まっていることで、お別れの時の大切な時間を愛するペットちゃんとゆっくりとお過ごし頂くことができます。
飼い主様の安心はペットちゃんの安心につながります。

正雲寺では、後悔しないお別れができるよう、事前見学をおすすめしております。
お電話でも、ご来寺いただいても結構です。
不安なこと、分からないことは遠慮なくお尋ねください。
合掌


ペットの火葬につては、
http://www.shounji.jp/pet.html
きらきら永代供養墓(個別・合葬)については、
http://www.shounji.jp/kiten.html
花見(さくら)
水子供養については、
http://www.shounji.jp/mizuko1.html

90021461_2696089260516861_5779291440693641216_o.jpg

posted by むじゃくさん at 12:48| Comment(0) | 供養

2020年03月18日

ペットのご供養

春彼岸二日目花見(さくら)
今日は四十九日を迎えられた愛犬のご納骨がありました。
ピンクと黄色が好きでしたので、と言われてお供えにお持ちになられた春色のお花。
お施主様の愛が春の香りと相まって、亡き愛犬のもとへ慈しみの風となって届けられましたカップル

DSC_2171~2.JPG

posted by むじゃくさん at 18:18| Comment(0) | 供養

2020年03月11日

3.11 今わたしにできること

「東日本大震災、応援をお願いします」
東日本大震災から9年が・・・
私は当時、仙台市に住んでいましたので、あの日のことを忘れることはありません。経験したものにしか分からない、恐怖と不安と不自由さ。けれどもあの震災が起きたことで、人の温もりや人の強さ、命の大切さということを改めて知ることもできました。また私たちはどれほど恵まれた豊かな生活をしているか、それは当たり前ではないということを学ぶことができました。当時、すでに大分の正雲寺に上山することが決まっていた私は、あの日の未曽有の出来事はこれから僧侶として生きていく私への厳しいメッセージだったのではないかと思っています。最悪の事態から生まれるもの、気付かされるものは沢山あります。今、新型コロナウイルスで日本が世界が震撼しています。この最悪の中にも大切なメッセージがきっとあるはずです。そのことに気付けることができたなら、私たちの心の中の不安というウイルスはきっと収束に向かうはずです。

正雲寺大分別院では、地震が発生した午後2時46分に、犠牲になられた方々の慰霊法要をお勤めいたします。今年はコロナのこともありますので、寺院内での供養会とさせて頂きます。
もしお時間が許しましたら、あなたがその時いる場所で、そっと掌を合わせて頂けたらと思います。
皆さまの温かい祈りは、慈風となって必ず被災地へと届くはずです。
合掌

2020年3月11日にヤフーで「3.11」を検索すると、ヤフーから10円が復興支援のために寄付されます。継続的な被災地支援と、いつどこで起こるかわからない災害に備えて、“いま、わたしができること”を、一緒に考えてみましょう。
https://fukko.yahoo.co.jp/?fr=top_evt311_pc
posted by むじゃくさん at 09:07| Comment(0) | 供養

2019年03月11日

東日本大震災、あの日を忘れない

今日で東日本大震災から丸8年が経ちます。
正雲寺大分別院では、地震が発生した午後2時46分に、犠牲になられた方々の慰霊法要をお勤めいたします。
どなた様もご参列頂けます。
また、もしお時間が許しましたら、あなたがその時いる場所で、そっと掌を合わせて頂けたらと思います。
あなたの祈りは春風にのって、被災地へと伝わるはずです。
合掌
※ご参列くださる方は、本日 午後2時30分までに正雲寺仏殿にお集まりください。

16998144_1142054575920345_1132308968402831760_n[1].jpg
posted by むじゃくさん at 10:59| Comment(0) | 供養