2017年07月13日

もうすぐ夏休み!親子で「写仏」正雲寺大分別院

今日もジリジリお日様が照りつけます。
街から離れた、少々お山の中にある正雲寺は、
木々の緑と時おり吹くそよ風に、
涼を感じることができる静かな場所。
ここは大自然の中!
虫の声、小鳥の声、風の音、
自然が奏でる音色は、それは心地よく、
訪れる人たちの心を和ませます。

さて、今日はワークショップのお知らせです。
もう、いくつ寝ると夏休み♪(笑)
この夏は、親子でお寺体験をしてみませんか?
今回は、「写仏」です。
お釈迦さま、観音菩薩さま、不動明王さま、の塗り絵をご用意しました。
塗り絵が完成したら、今度は好きな材料を使って、
塗り絵の周りをデコレーションです!
お子さんたちの個性を活かして、自由につくってくださいね(^_-)-☆
そしてせっかくお寺にきたのですから、
仏教にまつわる紙芝居と、
お子様の毎日に役立つお釈迦様の教を分かり易くお話します。
詳しくは、↓↓↓チラシをご覧ください(^_^)/

定員30名

写仏画像.png

無著(むじゃく)
http://shounji.jp




posted by むじゃくさん at 13:34| Comment(0) | 行事

2017年04月03日

ペット合同慰霊祭「愛児を偲ぶ会」

008.JPG

002 (3).JPG



4月2日は、ペットのお葬式・火葬をされたご家族様にお集まりいただき、年に一度の合同慰霊祭「愛児を偲ぶ会」を開催させて頂きました。

ー開式のご挨拶ー
皆さま本日は、新年度のお忙しい中を、ようこそおいで下さいました。
今年は春の訪れが遅く、全国的に桜の開花が遅れております。ここ正雲寺の桜もピンク色に染まった蕾がたくさんついているのですが、中々咲いてくれませんでした。流石に諦めかけていましたら、昨日、何とか咲いてくれました。まだちらほらではございますが、今日は初桜の中で、皆さまと亡き愛児との心あわせの時間をお過ごし頂けましたら幸いでございます。

本日ここにお集まりの皆さまは、同じ悲しみを体験されていらっしゃいます。同じ痛みを知った者同士が心一つにして祈ることで、今日の愛児を偲ぶ会は更に荘厳なものとなります。また皆さまお一人お一人の愛児を思う美しいお心と感謝をご浄土の愛児たちに届けること、それが供養であり慰霊祭の意味する所でもございます。

命あるものは必ず死を迎えます。死を迎えるとその存在は消えてしまうのでしょうか?
そうではない、ということを、ここにお集まりの皆様は、よくお分かりでいらっしゃいます。
「いのちの終わり」が「関係の終わり」・・・、それではあまりに寂しいですね。一緒に向き合うことは出来ないけれど、亡き愛児を心に思い、共に寄り添って生きていく事が出来れば、それはしあわせなことなのではないでしょうか。
供養とは、先に逝ってしまったいのちを忘れないために行うことでもございます。
今日は短い時間ではございますが、皆さまが、大切な愛児との生死を超えた絆を感じる、そんな時間をお過ごし頂きたいと存じます。

009 (2).JPG

017.jpg

私共は、「愛児を偲ぶ会」で行うご供養を通じて、皆さまと大切な愛児との繋がりを保ち続けるお手伝いがこれからも出来ればと思っております。
亡き愛児たちが安らかでありますよう、心よりお祈り申し上げます。
合掌

今年度は琵琶の奉納演奏がございました。
お接待は、お施主様にお作りいただいたスイーツでおもてなしハート010.jpg

posted by むじゃくさん at 00:38| Comment(0) | 行事

2017年03月10日

東日本大震災七回忌法要のお知らせ

明日は3月11日。
今年は、東日本大震災から6年、七回忌を迎えます。
また宮城県では、この日を「みやぎ鎮魂の日」と定めています。東日本大震災で、お亡くなりになられた方々への追悼の意を表し、震災の記憶を風化させることなく後世に伝える復興を誓う日でもあるそうです。

今年は、阪神・淡路大震災二十三回忌、熊本地震一周忌でもございます。また、たくさんの災害により、今も悲しみ苦しんでおられる方がたくさんおられます。供養には「忘れない」という意味があると思います。近くにいてできること、できないこと。遠くに居てできないこと、遠くだからこそできること。

「祈り」は、自分が今居る場所でできること・・・

明日は、正雲寺仏殿に於きまして、東日本大震災七回忌法要 慰霊復興祈願をおつとめいたします。

私共がお唱えする読経とともに、祈りの心を東北の空へ届けましょう。
ご参列は自由です。
皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げます。

日  時:2017(平成29)年3月11日(土)10:00〜
場  所:正雲寺大分別院 仏殿
※法要終了後、ご参拝者様もご焼香頂けます。005 (2).JPG

無著(むじゃく)
http://shounji.jp


posted by むじゃくさん at 20:16| Comment(0) | 行事