2018年06月20日

お見舞いとお悔み

〈大阪北部の地震で被災された皆様方に、
        心よりお悔やみとお見舞いを申し上げます〉

おはようございます。
18日朝、大阪北部で震度6弱を記録した地震から2日経った現在も、1500人以上の方々が避難所生活をされているそうです。また亡くなられた方もいることを知り、私も経験しました7年前の東日本大震災の日の記憶が想起され、心が痛みました。昨日から降り続く雨に、崖崩れなどの危険が高まっている中、被災された方々のご不安は察するに余りありますが、どうか人は一人ではないということを忘れずにいて欲しいと思います。

今日は、坂村真民先生の「ねがい」という詩をご紹介させて頂きます。

どうにもならない
血をもって生まれ
どうにもならない
運命を背負い
みんな悲しいんだ
みんな苦しいんだ
だからお互い
もっといたわりあい
なぐさめあって
暮らしてゆこう
小さな蟻たちさえ
あんなに力を合わせて
生きているんだ

辛く悲しいときに触れる人の心の温かさ…
被災地の方々は今は悲しみ、苦しみの中におられますが、いつか必ず穏やかな日が来ることを祈り願っております。合掌

DSC_5459.JPG

※自坊の僧侶が丹精込めて苗木から育てた3年目の紫陽花が、
今年はたくさんの花を咲かせています。

posted by むじゃくさん at 18:49| Comment(0) | 日記

2018年04月13日

会者定離(えしゃじょうり)パート2

昨夜は、大切な寺族の慰労会パート2!
出発直前の最後の晩餐ゴハン1鍋ごはん乾杯
おぼーさんは、初めてもつ鍋に挑戦しました\(^_^)/
こんな感じで、よろしいですか?顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)

他にも、
海南チキンライス鶏カレー勝ち誇り
きらすまめし左矢印1️これ大好き四つ葉てれてれ四つ葉
きらすまめしは、お刺身の代わりに、干し椎茸の甘煮を入れるのが私流キャラクター(万歳)
食感が何となく似ていると思うのは私だけかもしれませんショッキングショッキングショッキング
菊芋・甘酢生姜なども入っています顔1(うれしいカオ)

さて、楽しい時間は、あっという間に過ぎ出発の時間に...
彼女を車に乗せてお寺を出発車ダッシュ
トキハ前の高速バス乗り場にトコトコ歩いて行くと、見慣れたお顔の3名様が️
夜の8時過ぎというのに、無色(名前です)のお見送りに来て下さいました。彼女も私も、もう感激顔1(うれしいカオ)メロディ
思わずみんなでハグしながら、泣いたり笑ったり大変です顔1(うれしいカオ)光るハート顔3(かなしいカオ)光るハート
今回の無色の滞在に際し、皆さまにはたくさんの優しさと元気を頂きました。無色共々、改めまして心より感謝申し上げます。 本当に本当にありがとうございましたハートハートハート

30708759_1520217181437414_6929523325110583296_n[1].jpg


posted by むじゃくさん at 20:10| Comment(1) | 日記

2018年04月11日

会者定離(えしゃじょうり)パート1

昨年7月より苦楽を共にしてきた寺族が、明日京都へ帰ります。
昨日は10ヶ月の間、別院を支えてくれた彼女に、感謝とご褒美の半日慰労会てれてれ寿司温泉マティーニ(カクテルグラス)イチゴ
海を見たいという彼女の希望で別府方面へ!車ダッシュ

彼女の存在のお陰で、ステンドグラスを施した10体の仏様を正雲寺仏殿にお迎えすることができました。
またこれは彼女一人の力では成し得なかったこと。
偏に、ご奉仕隊の皆さま方のお力添えの賜物でございます。。
長きに亘りステンドグラス製作と彼女を応援してくださいました皆さまに、無色共々心より感謝申し上げます。
誠にありがとうございましたゴメン/お願い平謝りゴメン/お願い

※大分にお越しの際は、
海が見える、『別府海浜砂湯』お勧めです!
〒874-0023 別府市上人ヶ浜
電話:0977-66-5737
休館日 毎月第4水曜日(祝日の場合は翌日)
入浴料金 1030円
【3月〜11月】8:30〜18:00(最終受付17:00)
【12月〜2月】9:00〜17:00(最終受付16:00)

30594506_1518326474959818_1976199355803107328_n[1].jpg
posted by むじゃくさん at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年03月12日

3.11 7年前の夜空

2355912l[1].jpg

すべてが白黒の世界に変わったあの日。
7年前のこの時間、
私は何をしていただろう・・・
当然のことながら停電のため、
街も家も暗闇。
寒さと何が起きているのか分からないという恐ろしさもあり、
真っ暗な部屋にいるよりも、
車の方が少しは落ち着くだろうと、
私は息子と二人で、車中で夜を明かしました。
ラジオが伝える、
「海岸に 200〜300人の遺体が打ち上げられた」 という意味が、よく分からずに、
ただ大変なことが起きているということだけに不安が募るばかり。
何をどうしたらいいのかわからずに、
ただ呆然と空を見つめながら、
夜明けを待っていたように思います。
暗闇となった仙台の街に、
本当にきれいな夜空が広がっていました。
それは満天の星空でした。

先に逝かれたひとりひとりに、
私たちと同じように、願いがあり、
私たちと同じように、大切な人がいました。
そして私たちと同じように、
喜怒哀楽の人生がありました。

みんな同じ、尊い命をいただいたものとして、
今日は、掌を合せたられた方もいらっしゃると思います。

震災で犠牲となられた方に、
今を懸命に生きている方に、
そして、未だ確認ができず、再会を果たせない方々に、
安らぎが訪れますように・・・。

本日、「東日本大震災物故者追善供養会」にご参詣くださり、共に祈りを捧げてくださいました方々に感謝申し上げます。合掌
合掌

無著(むじゃく)
http://shounji.jp

posted by むじゃくさん at 00:16| Comment(0) | 日記

2018年01月30日

あなたをそっと支えるお地蔵さま

今日のお山は、またまた白の世界。
マフラーを巻いたお地蔵さまも少し寒そうです。

地蔵信仰の始まりは平安時代。
田んぼの仏さまとして、お米の収穫をお地蔵様に願っていました。その後、江戸時代に入りますと、その姿形があまりにもかわいいために子供を守る仏さまと変わったと言われております。

現代も、子安地蔵、子育て地蔵、水子地蔵など、
どちらかというと子供を守る仏さまとして親しまれていますが、
実はお地蔵様には大変な能力があるのです!
生きとし生けるものすべてをお救いくださる、
つまり子供から大人までお救いくださる有り難い仏さまなのでした。
現実の苦しみ、悲しみをそのまま受け入れ、寄り添ってくださるのが、お地蔵様。
お地蔵様は地獄に墜ちた人々にも救いの手を差し伸べてくださるという、
慈悲深い仏さまです。

お地蔵さま、
今日も悲しむ人の心に寄り添ってあげてくださいね。

あっという間に月末となりました。
あわてず、焦らず、今すべきことを一つひとつ勤めさせて頂こうと思います。
皆さまもご一緒に(^_-)-☆
合掌

002 (3).JPG

無著(むじゃく)
http://shounji.jp
posted by むじゃくさん at 12:20| Comment(0) | 日記