2020年04月21日

[重要]新型コロナウイルス感染症の対応について

令和2年4月16日において、政府より発表された新型コロナウイルス感染の緊急事態宣言発令に伴い、正雲寺大分別院として以下の対応をさせて頂きますので、ご理解とご協力をお願いいたします。
<令和2年4月21日投稿 >

■■基本的な考え方■■
お寺は、「祈り」という根本的な場所です。病をはじめとする様々な問題を抱える人たちが、日常的に心を休める場として集うところでありますから、常に受入れができるよう緊急事態であっても門戸を開けております。
しかし、そのために新型コロナウイルスの感染拡大の場となって、閉鎖せざるを得ない事態とならないよう、お参りの方々には「感染をしない努力」および「感染者とならない努力」に向けた意識を広く共有して頂きたくお願い申し上げます。

■■感染しない努力と感染者にならない努力■■
新型コロナウイルスは、無症候性の感染者も少なくないことから、「自分だけは大丈夫」「この場所は大丈夫」などと油断せず、また、ご自身が知らずに感染しているかもしれない現状で、ウイルスを拡散せずに済むように、手洗い、うがい、マスクの着用、咳など基本的なエチケット等を励行するよう終息期までは、十分なご配慮を一人一人が意識を持ってお願い致します。

●●以下の方は、恐れ入りますがご参拝をお控えください●●
1.発熱、咳、下痢等の症状がある方。
2.風邪の症状が3日以上続いている方。
3.強いだるさや息苦しさのある方。
4.過去1ヶ月以内に渡航歴のある方。
5.味覚や嗅覚に異常のある方。

●●催しの開催について
写経会・女性の相談会・ワークショップ等、すべての催しは中止としております。時点での再開催は未定です。

●●ペット火葬と葬儀について●●
大切なお別れの儀式ですので、お受けしておりますが、以下のご配慮をお願いいたします。
1. マスク、手洗いをお願いいたします(アルコール消毒のご用意をしております)
2. 参列される方を少人数にご調整くださるようお願いいたします。
3. 換気のために、窓等を開放しておりますので、洋服等のご準備をされてご対応をお願いいたします。
4. 湯茶などの接待を控えさせていただきます。

●●その他の法要について●●
追善供養・年回供養・水子供養は、ご相談してお決めしております。
今は延期がよいと思いますが、お勤めする場合は十分な間隔をあけることをご理解いただいた上でお受けしております。または、当寺にお任せ頂くことができますのでご遠慮なくご相談ください。

最後に、
今、厳しい状況、辛い環境に置かれているすべての皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、まさに病と対峙されている皆さまの一日も早いご快癒をお祈りいたします。
そしてこの危機的状況に身を挺しておられるすべての皆さまに謹んで感謝申し上げます。

一人一人の思いやりのある行動によって、お互いが、多くの人が救われます。安心して拝観や参禅ができる平常に 少しでも早く戻れるよう、皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

正雲寺大分別院 住職 無著

自灯明 P.png




posted by むじゃくさん at 15:53| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: