2020年04月08日

花まつり

スパーク2(キラリマーク)️今日はお釈迦さまのお誕生日
命の尊さに気付かせていただきましょう。

お釈迦さまは今から2500年ほど前にインドの北方のルンビニーという花園でシャカ族の王子としてお生まれになりました。その時の様子は、たくさんの花が咲き誇り、空の上では33人の神さまたちが楽器を奏でて踊りだし、竜王は空から降りてきて「甘露」のやさしい雨を降らせたというお話が伝えられています。
ここからお釈迦さまのお誕生日を「花まつり」といい、花御堂を作りお釈迦さまの赤ちゃんのお像をお供えし、甘茶をかけてお祝いするようになりました。

そして有名なお話ですが、
お釈迦さまはお生まれになるとすぐに
七歩いて大空と大地を指指して「天上天下唯我独尊」(てんじょうてんげゆいがどくそん)とおっしゃられたと言われております。
もちろん生れたばかりの赤子が歩けるわけも、話せるわけをありませんが、これは偉大なお釈迦さまを言い伝えるために、少し後の時代にお弟子さんたちが作られたお話と考えられています。

『天上天下唯我独尊』という言葉は、
「この広い世界でかけがえのない私の尊い命に目覚めましょう」というほどの意味です。
私の命も尊い命、あなたの命も尊い命、そこに差別や区別はありません。
今、世界中の命が危機に脅かされています。
自分の命を守ることが他者の命を救うことに繋がります。

お釈迦さまの誕生日を機に、今一度命の危うさと尊さを心に刻み、そして自分のためにも人のためにも、正しい行動をいたすことを、お誓いしたいと思います。

花見(さくら)私もあなたも
    皆等しく尊い命を生きている

皆さまのご無事を願っております。
合掌...無著

ペットの火葬につては、
http://www.shounji.jp/pet.html
永代供養墓(個別・合葬)については、
http://www.shounji.jp/kiten.html
水子供養については、
http://www.shounji.jp/mizuko1.html


92461135_2727940803998373_7481109555275890688_o.jpg

posted by むじゃくさん at 21:15| Comment(0) | 行事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: