2019年04月24日

〜正雲寺 癒しの寺ワーク〜 〈此の花さくや Akemi先生と「ハスワーク」〉

令和を迎える新緑の5月
一足早い蓮(ハス)との出愛(であい)をなさいませんか?
〔此の花さくや Akemi先生〕にご指導いただきながら、
清らかなハスの花を咲かせましょう。

*   *    *
春満開から、山々は、新緑の季節へと。

ここ、正雲寺さまで、
お釈迦様、仏教のご縁のハスの花を咲かせることができますことに、感謝申し上げます。

【ハスワーク】とは、
ハス紙という韓国の紙を使って、ハスの花を作るというものです。
どなたでも、作り方がわかりさえすれば、
違うお色の組み合わせ、開き具合を変えたりと、
幾つでも作りたくなるのが、魅力の一つです。

❀制作時間は、1時間から、1時間半ほど。
❀10色の色から、お好きな色の紙を選んでいただけます。

大切な方を偲ぶハスの花、
大切な方への贈り物、お供え物として、
また、ご自分の癒しのインテリアとして。
ご縁のハスを、ご一緒に咲かせませんか?
よろしくお願いいたします。
―此の花さくや Akemi―

『泥中の蓮』
蓮の花は泥水の中に身を横たえながら、
その泥を肥料として昇華しあの美しい花を咲かせます。
泥水は人生の悲しみ、苦しみと同じ。
あなたの願いの心を、
あなたの懺悔の心を
蓮の花に映しだしてみませんか?
念ずれば花ひらく・・・
心が浄化されたとき、あなたの美心(びじん)が開花します。
あなたの心の色、
どんな色か楽しみですねきらきら


ハイビスカス日時  令和1年5月25日(土) 
     午前10:00〜
ハイビスカス場所  正雲寺大分別院
ハイビスカス定員  20名(親子でのご参加も大歓迎です)
ハイビスカス参加費 2300円(茶話会菓子代含む)
ハイビスカス持ち物 ハンドタオルか濡れティッシュです。
また、日頃からメガネをお使いの方は、手仕事をしますので、お持ちください。
ハイビスカス申込  正雲寺大分別院 電話1(プッシュホン)097-583-4433
又はイベントページ上でのコメント、メッセンジャーよりお気軽にお問合せ、お申込みください。

◆ワーク終了後
それぞれに美しい花を咲かせたら、
みんなでお茶会をいたします。
どんな思いで作ったのか、
そんなお話ができたら嬉しいです。
皆さまのご参加をお待ちしております。
無著四つ葉合掌


講師紹介
2017年に、ハスワークを学ぶ。ハスワークのワークショップを開催中です。

資格 日本プリザーブドフラワー協会ディプロマ、マダム桐越プリンセスドール認定校、マダムクレアフラワーキャンドル認定講師、フローラルニューヨーククラブ、など。


無題.png




posted by むじゃくさん at 18:30| Comment(0) | ワークショップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: