2018年12月31日

\皆さまがどうか幸せでありますように/

DSC_0940.JPG


今年も一年、私の拙いブログをお読みくださり、またお付き合いくださいまして、ありがとうございました。大分の名峰由布岳とともに、皆様とこの場でお会いできますことを日々の楽しみ、糧とし、無事に一年を過ごさせて頂きました。心から、ありがとうございます。
あと数時間で、今年も終わり・・・
年越しのおそばを食べたら、さあ!溜まりに溜まった煩悩をすっきりと洗い落としましょう!
大晦日といえば、除夜の鐘ですね。
        *
消えてゆくかねのひびきに聴き入れば
いつか澄み来るわが心かな
『報恩供養御詠歌』より
平家物語の冒頭の句はきっとどなたでもご存知のはず。鐘の声は「無常の響きの象徴」といわれます。
あなたは鐘を撞いた瞬間の音と、消えてゆくひびきの余韻、どちらに耳を澄ませますか?
今夜はぜひ、ウォンウォンウォンゥォン〜〜という余韻に耳を澄ませ、それがすっと消える瞬間、、、「澄み来るわが心」を感じてみてください。
掌を合わせて聴き入っていますとそこには「ととのった心」を感じることができるはずです。もう一つ消えゆく鐘のひびきには、仏さまや亡き人と、向き合う清らかな心の世界を観ることができましょう。そこには「安心(あんじん)」が生まれるはずです。
安心の中で新しい年を迎えることができたなら、これ以上の幸せはありません。
仏さまの心を感じられる『除夜の鐘』が、今年も頑張ったあなたの心に美しく響きますようにきらきらきらきらきらきら
来る年がどなた様も幸せでありますよう、ご祈念申し上げます。ありがとう三拝四つ葉
合掌きらきら
posted by むじゃくさん at 17:49| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: