2018年12月06日

生と死の間

京都研修追記です。
今回のとんぼ返り研修に、さすがの父も少々あきれ顔。
はい!これからはパパと過ごせる時間が残り少ないこと、そして費用対効果をしっかりと考えます( 一一)
けれども私はね、
師匠である父から学ぶことは、時間の長短ではないと勝手に思っています。
父と同じ空気を吸い、同じ心を見つめることは、一日が一年分にも匹敵する密度の濃い時間です。限られた時間だからこそ心の琴線に触れることもある。
そんなことを心の中でブツブツ、勝手な言い訳をしています(笑)
父と私は12月が誕生月。
更に誕生日は一日違い。
もちろん(笑)
父の誕生日が先で私は翌日。
今回父が誕生日を迎えるにあたり私に話してくれた言葉に何か感慨深いものがありました。
「80歳を境として、今までは生、80歳からは死。」
「これからは『死』を生きる」という言葉でした。そしてこれからの人生は、仏様がくださったご褒美、贈物、とも言っていました。今父は80歳を迎えて、憂いなく不安なく、とても幸せだそうです。どうしてこんなに幸せかと考えたときに見えてきたのは、お釈迦様の教えだったそうです。今回はその教えを頂いて参りました。
心臓の悪い父は私が会いに行くと必ず、「これがお前との最後かもしれないな。」「無著、ありがとう。」とつぶやきます。今回もそうでした。私は、誕生日を前にしていたこともあり、今回の父との別れ際に、「55年間、沢山の愛を注いでくださりありがとうございました。」「この度も、教えをいただき、ありがとうございました。」と、万が一別れが来たとしても後悔しないようにと、感謝の心を伝えました。そして「まだ自灯明では歩けませんから、まだまだ教えをお願いします。」「また参ります。」と言って、父の庵を後にしました。
父はいつも、いつ死んでも悔いはない。パパはどんな時も幸せだ、と言います。
私もそんな人生の終焉を迎えられるようにしたいと思います。
それには、自分の幸せを求めるのではなく、他の人の幸せを願い、考えること。
簡単にできることではありませんが、
一歩一歩、精進精進(^^)きらきら
それでは、
今日も皆さまが、お幸せな一日でありますように四つ葉
合掌


DSC_0708.JPG
posted by むじゃくさん at 13:33| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: