2018年10月25日

\ハイ、ポーズ!合掌/

あなたが合掌するのは、どんな場面ですか?

昨日は、挟間町に民泊に来られた台湾の女性がお寺体験におみえになりました。
私が北京語を知るはずもなく、仕方がないので、脳から消えかけている少ない英語の単語を屈指して、手ぶり身振りで何とか以心伝心(?)(^^;
まもなく私は気が付いたのでした。
今は便利な翻訳アプリがあるではないですか!
あとは漢字を交えて何とか意思の疎通ができたようです。
最後は、珍寺百景にも堂々選ばれている自坊の「大合掌門」の下で、
ハイ、ポーズ( `ー´)ノ合掌きらきら


合掌の姿には、いろいろな心があります。
仏様や先祖への敬いの心
ありがとうの感謝の心
ごめんなさいの謝る心
他には、いただきます、ごちそうさま、の食事前後の合掌もあります。
合掌は無意識のうちに、私たちの作法の一つとして当たり前の姿になっているようです。

もともと合掌は古代インドから遠い日本まで仏教伝来とともに伝わった作法です。
右の掌と左の掌を合わせるから合掌。
また合掌は仏教に限らず神社でもありますし、キリスト教や様々な宗教で手を合わせるという共通の姿があります。
どの宗教にも言えるのは、両手を合わせることは、尊敬と感謝を現す姿。

仏教では右の手は、無限に広がる宇宙の真理、仏やさとり、
左の手は、些細なことで一喜一憂してしまう迷いの私とされています。
私たちは、手を合わせているときは、たとえ心で思っていても、悪いことは一切できません。それは仏さまが、弱いワタクシの心を守ってくださるからなのでしょうね。
合掌は素晴らしいものです。


合掌は、「困ったときの神頼み」のためだけにあるのではないということをお分かりいただけたでしょうか。
まもなくお昼の時間です。
お昼ご飯を頂く前に、ぜひ“合掌”をお願いいたします。

それでは、
今日も皆さまがお幸せな一日でありますように四つ葉
合掌

DSC_0348.JPG

無著(むじゃく)
http://shounji.jp
posted by むじゃくさん at 11:40| Comment(0) | 仏教を楽しむ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: