2018年10月16日

みんなでいただく新米の恵

昨日、新米王子がお布施くださいました新米を、さっそく今日の朝食でいただこうと準備をしていた時の事です。事件は起きました!
お米をすすいだ1回目のお水を捨てようとしたまさにその時、一瞬亡き祖母の声がしたのでした。その瞬間思い出されたのが、お米のとぎ汁を祖母は捨てずに、いつもお花たちにあげていたこと!私は慌てて、大きなボウルを用意。捨てようとしていたそのお水と、その後のとぎ汁をボウルに移しました。
炊飯の準備を済ませ、たっぷりと残ったとぎ汁をテラスのお花たちへ与えてみると、お花たちも嬉しそう!
私もどこか清々しい気分に!
おぼーさんの心はコスモス色〜
頭の中ではありませんからね(笑)
祖母のあの優しい笑顔もみえるような・・・
そんな不思議な現象(?)は,
お年頃のせい?
それとも季節のせいかしら?
何はともあれ、
お蔭様で今朝は、ご本尊のお釈迦さまと観音さまにも炊き立ての新米をお供えさせて頂きました。
仏さま方も、いつもよりお顔がにっこり。
もちろん、私も、お爺ちゃん僧侶も、艶々新米にニコニコです。

大本山永平寺の正門には、
「杓底一残水 汲流千億人」(しゃくていのいちざんすい ながれをくむせんおくのひと)という文字が刻まれています。
これは、道元禅師が柄杓に残った水を「仏さまの命」として、大切に川に戻されたことに由来しています。水を戻すことで、また別の人がその恩恵にあずかることができる、ということを教えられています。
水の流れ行く先への気遣いも大切なのですね。

それでは、
今日も皆さまが、おしあわせな一日でありますように四つ葉

mizu .JPG
posted by むじゃくさん at 07:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: