2018年03月02日

3月写経の会のご案内

3月写フライヤー.png

【念ずれば花ひらく】
念ずれば
花ひらく

苦しいとき
母がいつも口にしていた
このことばを
わたしもいつのころからか
となえるようになった
そうして
そのたび
わたしの花が
ふしぎと
ひとつ
ひとつ
ひらいていった
『坂村真民全詩集 第一巻』

坂村先生のお母様が苦しい中5人の子供を育てながら口癖のように唱えた言葉、
それが「念ずれば花ひらく」
ご存知方も多いと思います。
私も昔から心に植え付け大事にしている言葉です。


写経用紙には、経文の後に願文を書く箇所がございます。必ず書くというわけではございませんが、殆どの方がそれぞれに願い事をお書きになられています。そしてその願いは自分以外の大切な人、ご家族に向けての言葉をお書きになられる方が多いようです。皆さまが月に一度、正雲寺にお参りくださり、ご自分の願いを仏さまにお願いする。皆さまが念じられた想いはきっと仏様に届くことと思います。
今月の写経の会は18日。
ちょうど桜の便りが聞こえてくる頃でしょうか。
春の訪れととともに、皆さま、それぞれの花も、ひとつ、ひとつ、ひらいて頂きたいと、私も切に念じております。

写経後の寺カフェの時間も、和やかに楽しい時間でございます。美味しいお料理をいただきながら、新しい出愛を紡いで頂けましたら幸いでございます。
初めての方も、安心してご参加ください。

念ずる・・・
今宵は満月、、、
あなたはお月様に、何を念じますか?
合掌

010.JPG

無著(むじゃく)
http://shounji.jp
posted by むじゃくさん at 21:39| Comment(0) | 写経の会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: