2018年02月15日

今日はお釈迦様の命日

DU5nMPeU0AAxz1g.jpg

ここで、皆さまに質問(^O^)/
★2月15日がお釈迦様のお亡くなりになられた日ということを知っていましたか?

各寺院では、毎年この日お釈迦さまの入滅を記念しての法要が営まれます。この法要を「涅槃会(ねはんえ)」と申します。

二月に入りますと、それぞれのお寺の本堂には、お釈迦さまの様子を描いたお涅槃の掛軸がまつられます。頭を北に顔を西に向けて右わきを下にして横たわっています。その周りには大勢の弟子たちや信者、動物たち昆虫に至るまですべてのものたちがお釈迦さまの死を悲しみ泣いています。

お釈迦さまは、29歳の時に出家し、35歳で悟りを開きます。その後、45年の長きにわたり布教伝道の旅を続けられました。

そして80歳の長き生涯を終えられようとしているとき、お釈迦さまは、弟子たちや集まったものたちへこれが最後の説法であるぞと静かに話されました。「弟子たちよ、いたずらに悲しんではならない。どのように長く生きようともすべては無常の中に生かされているのだ。会うものは必ず別れ、生まれたものは、必ず死ぬのである。私が説いてきたみんながしあわせとなる教えと、自分を信じて正しい行いを精進して行きなさい」とさとされました。

一人の人間としてお生まれになったお釈迦様の教えが2500年経った今でも、「仏教」として私たちの生活の一部になっていることはとても尊く有り難いことです。
『お写経』は、その有り難い教を浄写することです。
あなたも2500年前から変わることなく相続されているお釈迦様の教えを頂きにいらしてください。

本日が2月お写経会申し込みの締切日となっています。
なお、午後の部は当日参加も承ります。

皆さまがお幸せな一日でありますように✿
合掌

※上の写真は、本山正雲寺の「大涅槃図」の掛軸です。

2月フライヤー.png

無著(むじゃく)
http://shounji.jp
posted by むじゃくさん at 14:04| Comment(0) | 仏教を楽しむ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: