2018年02月15日

美心(びじん)を育てるお釈迦様の教

おはようございますきらきら
本日のお山は、くもりくもりくもり
美心(びじん)を育てるお釈迦様の教

*   *   *
たとえためになることを
数多く語るにしても、
それを実行しないならば、
その人は怠っているのである。
「牛飼いが他人の牛を数えているように。
 彼は修行者の部類に入らない。」

たとえためになることを
少ししか語らないとしても、
理法にしたがって実践し、
情欲と怒りと迷妄とを捨てて、
正しく気をつけていて、
心が解脱して、
執着することの無い人は、
修行者の部類に入る。

ブッダの真理のことば(19・20)

※ご近所さまの金柑の木!鈴なりです\(^o^)/
27858073_1463119803813819_4352623546170193616_n[1].jpg

無著(むじゃく)
http://shounji.jp
posted by むじゃくさん at 13:54| Comment(0) | 仏教を楽しむ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: