2018年01月29日

なぜか、納豆のすすめ(#^.^#)

【納豆の食し方、私流】
ちょっと楽しい納豆の食べ方をご紹介\(^o^)/
というよりは、皆さまに、納豆の優れた効能を知って頂き、みんなで健康に過ごせたらいいかしら〜というのが本音でございます(*^。^*)
スーパーフードの納豆を食べ続けて、50有余年←タブンデスガ(笑)
特に、28才の頃に花粉症を発症したことが契機となり、『納豆』と『私』は切っても切り離せない仲となったのです。あ!花粉症は30才の時からほぼ無縁となりました。
いまや『納豆』は、私の生涯の大切なパートナーとでも申しましょうかハート
毎年大流行するインフルエンザにも風邪にも負けずに私が元気に日々を送れますのは、よく聞く「○○は風邪ひかない」という諺通りということだけではなく、きっと『納豆様』のお陰と、固く信じてやまないのです\(^o^)/
前置きが長くなりましたが、納豆好きな人も、「嫌いよ〜」という人も、この効能を知ったら、きっと納豆を手にしないではいられない!
と、勝手に妄想している次第でございます(笑)

―納豆に秘められたパワーとは―調べてみましたよ(^O^)/
・血液をサラサラに血管系の病気を予防する効果
・植物性のタンパク質が豊富、筋肉や髪、皮膚を健康に保つ効果
・女性の体に大事なイソフラボンが!更年期障害や骨粗鬆症の予防
・脳に大切な栄養素レシチンも!記憶力の向上、認知症の予防効果も!
・発酵効果により大豆以上にビタミンB2が豊富!エネルギー代謝UPでダイエット効果の期待
・コレステロール値の上昇を抑制したり、中性脂肪や血圧の低下が期待できる

最後に納豆の食べる時間。
これは朝食よりも夕食が断然良いそうです。
もちろん私もその教えの通り、毎日のお夕食に納豆1パック!
継続することって難しいと思われがちですが、習慣化できると大変ではありませからね。
納豆は、「安い」、「買いやすい」、「食べやすい」の、「やすい」尽くし!
しかし、嫌いな方にとっては、「食べやすい」はちょっと???の世界かと思われますので、ここで本日のタイトル「納豆の食し方、私流」をサラッとお教えいたします。
納豆に色々な薬味や食材を組み合わせると、グッと納豆の世界観が広がります。
花粉の飛来が始まったこの時期に私が外さない組み合わせは、
★納豆+梅干し+生姜★
あとは季節毎のお野菜を上手に組み合わせますと、納豆臭さも緩和されます。
昨夜いただきました納豆は、友人から頂きました、拘りの納豆!
久しぶりに納豆ならではの納得のネバネバ感とお味を堪能させていただきました。
いつも美味しいのもを届けてくださる、皆さま方に感謝申し上げます
合掌

003 (3).JPG

無著(むじゃく)
http://shounji.jp
posted by むじゃくさん at 22:00| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
この組み合わせ。。
最近おろそかにしています。(笑)
痒くなるかな。。
Posted by 補佐 at 2018年01月29日 22:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: