2018年01月25日

熱々のお善哉はいかが(^_-)-☆

005.JPG

お山は、昨夜から強烈な寒さとなっています。雪こそありませんが、水道管の凍結が心配で、ここ数日は一晩中お水をチョロチョロと出して対策を!
皆さんのお宅は大丈夫ですか?

さて寒い夜に食べたくなる物といえば?
昨夜のこと、ワタクシみょーにお善哉が食べたくなり、
小豆を深夜にコトコト、コトコト〜
ふっくらと仕上がった茹であずきに、

お砂糖は控えめに、そしてほんの少しのお塩を加えて完成です!
熱々のお善哉を一口ほおばった時のなんともいえない安心感!
あれは何かしら(笑)
以前は小豆を煮るのは一晩水につけるなど手間暇かかったものですが、
最近は炊飯ジャーですぐに作ることができるので驚きです!
手間いらず、かんたんかんたん♪
お勧めです(^_-)-☆

さて「善哉」は「お汁粉」ともいいますが、たとえば、粒あんと、こしあんの違いで私は言い分けています。
・善哉→粒あん
・お汁粉→こしあん
あなたも同じですか?

この「善哉」という言葉は、インドの古い言葉「サードゥ」を訳したものだそうです。意味は、相手を褒めたたえる。特に師匠が弟子に、「素晴らしい、その通りだ」と賞賛する場合に用いられたそうです。

そこでなぜお汁粉のことを「善哉」と呼ぶようになったのか。
諸説あるそうですが、私が出会った一つの説をご紹介します
お坊さんが、お汁粉を食べてそのおいしさに感動して、思わず「善哉、善哉」と口にしました。そのお坊さんが「素晴らしい!」と漏らした言葉が、名前の由来となっているらしいのです。

なるほど…
昔からお善哉は、日本人に好まれてきた食べ物だったのですね。
ぜんざい、ぜんざい\(^o^)/

寒い一日、
皆さまも、身体も心もあたたまる工夫をされてお過ごしくださいね✿
合掌
無著(むじゃく)
http://shounji.jp
posted by むじゃくさん at 10:45| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: