2018年01月04日

新春写経の会

初の心、
一の心、
正の心に参ず。

ー青山俊董老師の言葉ー

仏教には、お正月の初めに旧年の自分の行為を懺悔(さんげ)し、他者の新年の幸せを祈るという慣行があります。
懺悔とは自分の犯した罪過を仏さまやお坊さんの前で告白し、赦しを得る行いです。

私たちは誰でも、知らず知らずにうちに罪を犯しているものです。
言葉では言えない、そんな自分の罪を、お写経をすることで、懺悔なさるのもよろしいと思います。
そして今年は、人の幸せを願える年といたしましょう。

1月フライヤー.png

無著(むじゃく)
http://shounji.jp

posted by むじゃくさん at 13:53| Comment(0) | 写経の会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: