2017年08月26日

「おなじいのち」は「大切ないのち」

今月11日より、大分市の平和市民公園能楽堂では『ふわふわ守り隊/「おなじいのち」は「大切ないのち」』をテーマにした展示が開催されています。
残念なことに初日のパネルディスカッションに足を運ぶことができませんでしたが、せめて展示だけでもと思い、やっと昨日、拝見して参りました。
写真やオリジナルのイラストを使って、ダイレクトに目に訴えてくる展示、そして分かりやすい解説。ふわふわ守り隊の方々が、小さないのちと真剣にそして丁寧に向き合っている姿が、切々と伝わって参りました。

わたしたち人間の身勝手な判断や行動から、多くのいのちが犠牲になっていることに対して、
まず、「わたしたち人間が変わること」の大切さを訴え、その結果「犬猫の環境も変わる」ということを伝えていらっしゃいます。この言葉に、私は強く惹かれました。

地上における存在の働きは、次の様に分類されるといいます。
鉱物は、物質だけ
植物は、物質+いのち
動物は、物質+いのち+喜び悲しみを認識する力
人間は、物質+いのち+喜び悲しみを認識する力+いのちの尊さを自覚する力
この4つに分類されたすべての働きは、天地いっぱいのお働きをいただいて存在することができます。
仏教が教える「すべてのいのちは皆平等である」ということを意味します。
動物のいのちも植物のいのちも私たち人間のいのちも、いのちの重さにおいては、まったく平等だと仏教では受け止めます。
そして、いのちの尊さを自覚することができるのは、人間にのみに与えられた能力です。
地上の生態系の頂点としていのちを頂いた私たち人間は、他のいのちも大切にしなければならないという使命があるように思います。

ふわふわ守り隊隊長が訴える「わたしたち人間が変わること」、
これは、動物愛護の向上を目指すために、大変重要な課題だと心に迫ってくるものがございました。


これから、ペットを家族に迎えたいとお考えの方、既にペットと一緒に暮らしている方も、知らなかったこと、又ご参考になることが、きっとあると思います。お時間が許しましたら、この機会に能楽堂へ足をお運び頂ければと思います。

また能楽堂売店では、可愛い猫モチーフのオリジナルチャリティーグッズの販売もされていました。猫好きな方にはとってもお勧めです(^_-)-☆

※展示開催は、本日17時迄、最終日明日27日(日)15時迄
【場所】場所:平和市民公園能楽堂 エントランスホール
【入場料】無料

『ふわふわ守り隊』様の、応援をよろしくお願いしますm(__)m

皆さまが今日も、やさしい心でお過ごしになれますように✿
合掌016.JPG008.JPG






posted by むじゃくさん at 10:55| Comment(0) | 動物愛護
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: