2017年04月03日

ペット合同慰霊祭「愛児を偲ぶ会」

008.JPG

002 (3).JPG



4月2日は、ペットのお葬式・火葬をされたご家族様にお集まりいただき、年に一度の合同慰霊祭「愛児を偲ぶ会」を開催させて頂きました。

ー開式のご挨拶ー
皆さま本日は、新年度のお忙しい中を、ようこそおいで下さいました。
今年は春の訪れが遅く、全国的に桜の開花が遅れております。ここ正雲寺の桜もピンク色に染まった蕾がたくさんついているのですが、中々咲いてくれませんでした。流石に諦めかけていましたら、昨日、何とか咲いてくれました。まだちらほらではございますが、今日は初桜の中で、皆さまと亡き愛児との心あわせの時間をお過ごし頂けましたら幸いでございます。

本日ここにお集まりの皆さまは、同じ悲しみを体験されていらっしゃいます。同じ痛みを知った者同士が心一つにして祈ることで、今日の愛児を偲ぶ会は更に荘厳なものとなります。また皆さまお一人お一人の愛児を思う美しいお心と感謝をご浄土の愛児たちに届けること、それが供養であり慰霊祭の意味する所でもございます。

命あるものは必ず死を迎えます。死を迎えるとその存在は消えてしまうのでしょうか?
そうではない、ということを、ここにお集まりの皆様は、よくお分かりでいらっしゃいます。
「いのちの終わり」が「関係の終わり」・・・、それではあまりに寂しいですね。一緒に向き合うことは出来ないけれど、亡き愛児を心に思い、共に寄り添って生きていく事が出来れば、それはしあわせなことなのではないでしょうか。
供養とは、先に逝ってしまったいのちを忘れないために行うことでもございます。
今日は短い時間ではございますが、皆さまが、大切な愛児との生死を超えた絆を感じる、そんな時間をお過ごし頂きたいと存じます。

009 (2).JPG

017.jpg

私共は、「愛児を偲ぶ会」で行うご供養を通じて、皆さまと大切な愛児との繋がりを保ち続けるお手伝いがこれからも出来ればと思っております。
亡き愛児たちが安らかでありますよう、心よりお祈り申し上げます。
合掌

今年度は琵琶の奉納演奏がございました。
お接待は、お施主様にお作りいただいたスイーツでおもてなしハート010.jpg

posted by むじゃくさん at 00:38| Comment(0) | 行事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: