2020年03月11日

3.11 今わたしにできること

「東日本大震災、応援をお願いします」
東日本大震災から9年が・・・
私は当時、仙台市に住んでいましたので、あの日のことを忘れることはありません。経験したものにしか分からない、恐怖と不安と不自由さ。けれどもあの震災が起きたことで、人の温もりや人の強さ、命の大切さということを改めて知ることもできました。また私たちはどれほど恵まれた豊かな生活をしているか、それは当たり前ではないということを学ぶことができました。当時、すでに大分の正雲寺に上山することが決まっていた私は、あの日の未曽有の出来事はこれから僧侶として生きていく私への厳しいメッセージだったのではないかと思っています。最悪の事態から生まれるもの、気付かされるものは沢山あります。今、新型コロナウイルスで日本が世界が震撼しています。この最悪の中にも大切なメッセージがきっとあるはずです。そのことに気付けることができたなら、私たちの心の中の不安というウイルスはきっと収束に向かうはずです。

正雲寺大分別院では、地震が発生した午後2時46分に、犠牲になられた方々の慰霊法要をお勤めいたします。今年はコロナのこともありますので、寺院内での供養会とさせて頂きます。
もしお時間が許しましたら、あなたがその時いる場所で、そっと掌を合わせて頂けたらと思います。
皆さまの温かい祈りは、慈風となって必ず被災地へと届くはずです。
合掌

2020年3月11日にヤフーで「3.11」を検索すると、ヤフーから10円が復興支援のために寄付されます。継続的な被災地支援と、いつどこで起こるかわからない災害に備えて、“いま、わたしができること”を、一緒に考えてみましょう。
https://fukko.yahoo.co.jp/?fr=top_evt311_pc
posted by むじゃくさん at 09:07| Comment(0) | 供養