2019年02月05日

\大合掌門、今度はお色直し/

大合掌門が一人の奇特な青年により大掃除されたのは昨年の暮れのこと。
汚れが落とされると、長年の風雨にさらされた荒れた肌が露となりました。
青年は、その状態を放置できませんと。
先週末のことです。
この青年が高所作業車という特殊車両でやってきたのは!
この車両を初めて見るワタクシはまたまた感動!
とにかくすごいんです。
ギーガタン!
ウィーン!ヒューーーーーーン!!!
ニューーーーーーツ!
合掌門の周りを自由自在に動き回ります。
これはもうロボットね!
まるで映画の世界(笑)
そんな映画を昔観た覚えがありますが、タイトルを忘れましたあせあせ(飛び散る汗)

当初は、塗装が剥げた箇所だけを塗る予定でしたが、ご本人はそれでは気が収まらず、巨大な手のすべてに塗装を施して下さいました。一日仕事となりました。
ちょうど作業が終わったのは夕刻。
夕陽を浴びる合掌門が白く輝く姿は見事でした。
生まれ変わった巨大な合掌門!
どうぞ皆さま、写真撮影におこしください。
インスタ映えするかしら(^.^)
一人の青年の布施の心と行動にまた助けていただきました。


『布施』とは『親切』
『布施』は相手の幸せを念じてお金や物など形あるものばかりではなく、こまやかな心遣いや優しい言葉などを施すこと。この青年の布施は、相手のために労苦をいとわず働く「身施」というものです。
少しだけ自分よりも人のことを想う気持ちをもつことができれば、私たちの日常には親切という布施のチャンスがたくさんあります。
そして布施は一見、相手のためにしているようにみえますが、実は自分の幸せも生むものです。

まずは、どこでも誰にでもできる布施の一つ、笑顔のプレゼントからはじめてみませんか(^_-)-☆

DSC_1224.JPG


DSC_1225.JPG



posted by むじゃくさん at 11:42| Comment(0) | 日記