2017年09月24日

正雲寺の「地蔵会」は、無料の水子供養の日

毎月24日は、お地蔵様の縁日「地蔵会」です。
正雲寺では、この日を“無料の水子供養の日”としてご供養をしております。

お金に余裕がないために、ずっと供養がしてあげられず、ずっと悲しい思いをされているお母さんはいませんか?お母さんに代わって、本日ご供養させていただきます。お金は必要ございません。メッセンジャー、電話又はメールで、お名前とお住まいの都道府県をおしえてください。
電話1(プッシュホン)097-583-4433

✿水子のご供養✿
お金に余裕ができましたら、水子のお葬式をしてあげてください。
水子供養は、どこか暗いイメージをお持ちの方が多いと思いますが、本当はそうではありません。
一度離ればなれとなった親と子が、再び絆を取り戻す、愛情いっぱいの、そして心温まる儀式が水子供養です。
罪悪感や、恥ずかしさ、またどうしたらいいのか分からず、記憶の中だけに閉じ込められて、ご供養されない子供たちが多いことが現実です。何十年も悲しい思いを引きずっておられるお母さんも少なくありません。そんな思いをされているお母さん、お父さんに一日でも早く心の痛みを取り除いてほしいのです。そしてご供養をされた後は、「水子」ではなく「我が子」として向き合って、胸を張って前向きの人生を歩んで頂きたいと思います。
正雲寺では、個別の水子供養(水子のお葬式)もお受けいたしております。ごお電話、メッセンジャー、メールより、ご希望のお日にち、お時間をご予約ください。

001 (4).JPG

無著(むじゃく)
http://shounji.jp


posted by むじゃくさん at 09:33| Comment(0) | 日記

2017年09月23日

一日に3粒食べると老けない?!

秋分の日、そしてお彼岸のお中日だった今日、
あなたはいかがお過ごしでしたか?
自坊では、今日も自然の恵みをたくさんいただきました。
本日も天地さまのお働きに感謝<(_ _)>
秋は木の実や果物が実る時期、食いしん坊のおぼーさんは、連日収穫で大忙しです(笑)
今日の主役は『なつめ』

ここで皆さまにちょっと質問(^O^)/
あなたは、生のナツメを食べたことはありますか?
こんなことを偉そうに質問している私も、生のナツメを食したのは、大分に来て2年目のこと。もちろんナツメの木を知ったのもその時が初めて!
それまでは、薬膳料理のサンゲタンや白キクラゲのデザートに入っている、乾燥ナツメしか食したことがありませんでしたので、ナツメの木と聞いただけで、もう驚きでした^_^;
初めて口にしたときのあの感動は、現在も継続中!
その理由は、食感もお味も、まるで青りんごだから(^_-)-☆
そしてそして、なんと中国では「一日に3粒食べると老けない」と言われているらしいのです.
↑↑ホントダッタラウレシイデスネハート
そこで効能調べてみると大変!
こんなに小さくてカワイイナツメちゃんなのに、女性に嬉しい栄養素がぎっしりと詰まっていました!

・老化防止
・ストレス耐性のアップ
・不眠や胃痛の不調の緩和
・貧血改善
・便秘改善
・むくみ解消
・葉酸豊富、妊婦の方におすすめ

あの楊貴妃さまも、好んで食べていたらしい…
ワタクシも早速、“ナツメ一日3粒”!!!
始めさせて頂きます(^O^)/
いっしょに始めたい方!
美味しい物と身体に良いものは、みんなで分け合いましょう!がモットーです。
どうぞ自坊までおこしください♪

004 (2).JPG

posted by むじゃくさん at 18:54| Comment(0) | 日記

2017年09月19日

お彼岸はかたよりのない心を養うとき

明日20日から始まるお彼岸会。
ご先祖様や故人様を尊ぶ大事な7日間です。
日本独自の習慣ではございますが、時間が許す方はお寺やお墓にお参りいたしましょう。
実はこのお彼岸には、お墓参りの他にもうひとつ、仏教の大切な教えが隠されています。
それは“かたよりのない心“という意味です。
お釈迦様はこれを『中道』と仰いました。

中道とは、
すべての極端な考え方を捨てて、かたよりのない正しい生活をする。という意味です。
「中道」の教は、お釈迦様の最初の説法の言葉でもございます。←だからとっても大事なのね(^_^)/

秋分の日は、太陽が真東から昇って真西に沈み、昼間と夜間の長さも同じ、ということに気付いた昔の日本人...まさにこの日は大自然にとっても、かたよりのない中道の教えに相応しい時である、と考えたようです。
仏教語の“向こう岸の悟りの世界”という意味の「彼岸」をこの時期にあて、お彼岸はご先祖さまにお参りをして中道を心がけよう、となったそうです。

では、どうしてお釈迦さまは中道を説かれたのでしょうか。
シャカ族の王子としてお生まれにお釈迦さまは、幼い頃から贅沢に暮らし何不自由のない毎日を送っておられました。一方で修行に出られてからは、断食という苦行で死にかけたことさえありました。その結果、何事もかたよった極端な生活は、心を乱すだけで良くない。心穏やかに中道をおこなってこそ、悟ることができるのだと気づかれました。

経典の中では『琴の喩え』として説かれています。
お琴の弦は、強く貼ると、良い音はでんません。それどころか切れてしまいます。
また弦がゆるんでいたらどうでしょう。こちらも良い音は出ません。ゆるめすぎても、はり過ぎてもいけないのです。強すぎず、弱すぎず、ちょうど良い張り具合になって初めて良い音色が出るそうです。
私たちの生活も、お琴の弦と同じです。
焦りすぎると、気持ちが高ぶります。
またゆるみすぎても”怠け心”に覆われてすべてを乱してしまいます。

ちょうどいい加減に生きる...
かたよりのない心で生きる...

私もお彼岸を機に、改めて心掛けて参ります。
さぁ!あたたもごいっしょに(^_^)/
合掌

005.JPG

《黄色い彼岸花》
去年知人から株分けしていただいたものです。
今年から自坊の家族の仲間入りですハート

無著(むじゃく)
http://shounji.jp





posted by むじゃくさん at 10:05| Comment(0) | 仏教を楽しむ

2017年09月16日

9月写経の会の中止について(お知らせ)

いつも正雲寺別院「写経の会」にお集まりくださる皆さま
明日(9月17日)開催の、「写経の会・茶話会」は、台風18号が勢力を維持したまま九州地方に接近する予報を受けて、参加者の皆さまのご安全を考慮しまして、止む無く中止とさせて頂きます。
月に一度の写経の会を楽しみにされている皆さまには、ご迷惑をおかけしますことを、心よりお詫び申し上げます。

なお、来月の写経の会は「10月15日」となります。
写経会メンバー様は、いつも通り参加予約とさせて頂きますので、ご都合が悪い方のみお知らせをお願い致します。

台風18号は強い勢力のまま日本を縦断する恐れがあるようです。台風による大きな被害が出ないことを唯々祈るばかりでございます。皆さまもこの週末を、どうぞご無事にお過ごしくださいませ。

skeleton-flowers-sankayou-05.jpg


posted by むじゃくさん at 15:19| Comment(0) | 写経の会

2017年09月11日

気分はまるで小学生!お寺で楽しい書き方教室

012.JPG

<今月も、美文字を目指す大人たちが、正雲寺に集いました\(^o^)/
硬筆の先生にご来寺いただき、私も、皆さまと一緒に生徒の一人として、学ばせて頂いております。2回目となるこの日、先生の予定では『カタカナ』に進むはずが、熱心(?)な生徒さんのご要望により、先月に引き続き『ひらがな』の学習。←ハンニンハワタクシ^^
なぜか、書けば書くほどに、文字の形が???(笑)
息が詰まるほどに、真剣に!
真剣になればなるほど…
ため息が出ちゃうような〜^_^;
五十の手習いは、中々容易なことではございません((+_+))
しかし、努力は必ず報われる!きっとね♡
“美文字”を目指す仲間たちは、着実に上達をされていました。

008.JPG

いつの世も、どんな時も、頑張った人にはご褒美はあるもの♪
この日も、正雲寺の聖域にポッカリと口をあいたブラックホール(?)に吸い寄せられるように、それとも、くいしん坊のおぼーさんの引き寄せのパワーかしら(笑)
いづれにしても、たくさんの、美味しいお布施が集合致しました。アリガタヤアリガタヤm(__)m
これはもう茶話会の域を超え、ランチ会です\(^o^)/
お持ちくださる方の、みんなに喜んでほしいと思う心と、
いただくそれぞれの、素直に感謝し喜ぶ心が、共鳴するこの光景!
もう笑顔いっぱいです\(^o^)/
午後からは、ステンドグラスのご奉仕もいただき、
この日も、たくさんの皆さまに支えていただく、一日となりました。
ありがとう三拝m(__)m\(^o^)/m(__)m
―この日のメニュー―
・3日仕込みのこくまろカレー
・季節の野菜ピクルス
・ホクホクかぼちゃのウマウマプリン
・いなり・巻寿司・おはぎ(ふじのや//坂ノ市)
・ブラックモンブラン

001 (4).jpg



※大人の書き方教室は、毎月第一日曜日
現在、10時からのお教室は満席となっています。
参加希望の方が多数いらっしゃる時は、他のクラスをつくる予定もございます。
メッセンジャー又はお電話でお問合せ下さい。

posted by むじゃくさん at 14:30| Comment(0) | ワークショップ