2017年11月22日

実りの秋に感謝を

明日、11月23日は勤労感謝の日ですね。
宮中では、この年に収穫したお米や麦などの五穀を、天地の神々に感謝して捧げる新嘗祭が行われます。この日が勤労感謝の日として制定されたのは、戦後とのこと。
ですから勤労感謝というだけではなく、本来は収穫感謝の意味もある祝日と言えるように思います。

自坊周辺にもお米作りの農家さんが多くいらっしゃいます。農家さんの様子を見ておりますと、収穫までの忙しい作業が一段落して、ホッと一息つけるのがこの時期のようです。
たとえ自然災害に見舞われてしまい、思うように収穫ができない年でも、秋の実りに感謝して土地をお守りくださる神々に感謝を捧げていらっしゃいます。

現在、日本の食料自給率は40%ぐらい。
農業人口が益々減少している日本にあって、国産の、また地元で収穫された作物のご馳走に預かる私たちは、農家の方々の勤労に対しての感謝を、改めて見直す日にしてもいいかもしれませんね。

曹洞宗には、食事の心構えについて述べた、五観の偈(ごかんのげ)というお唱え事があります。

一つには功の多少を計り、彼の来処を量る。
二つには己が徳行の、全欠を忖って供に応ず。
三つには心を防ぎ過を離るることは、貪等を宗とす。
四つには正に良薬を事とするは、形枯を療ぜんが為なり。
五つには成道の為の故に、今此の食を受く。

・農家の方々のご苦労に感謝し、
・この食事に自らの日々の働きは値するか反省し
・貪りの気持ちはないか反省し
・病にならないようによい薬としてご馳走になり、
・仏道の実戦を支えるためにこの食事をいただきましょう。

五観の偈を皆さまもお唱えしてください、ということではありません。食事の際の「いただきます」にはこのような意味が込められていることを、ご馳走とともに味わって頂ければと思います。

今日も、秋のみのりをご馳走になれることに、感謝の合掌を捧げてご馳走になりたいと思います。
合掌

14691278_993816677410803_7250774530972936378_o[1].jpg

無著(むじゃく)
http://shounji.jp


posted by むじゃくさん at 16:12| Comment(0) | 仏教を楽しむ

2017年11月21日

しあわせな朝

004 (2).JPG

今朝は美しい由布岳の姿を、皆さまにお裾分け(^_-)-☆
陽光を浴びて白く輝く山頂を眺めながら、
心洗われる朝を迎えました。
山は清浄なところ、と申します。
そのような環境に身を置かせて頂ける私は、
なんて“しあわせ”なのでしょう。
ところで、“しあわせ”とは、なんでしょうか?

お釈迦様がいらっしゃる時代にも、「幸せとはどういうものですか」と質問する人々は多かったようです。その時お釈迦様は、質問してきた人々に、それぞれ違う答えを出しておられました。それは幸せと感じることは、人それぞれ違うからなのです。

本当は、争いがなく、心が穏やかで楽しく、自分も周りの人もいつも笑顔でいられるなら、それだけで人は幸せなはずなのですが…
それだけでは足りないと感じる人たちが、多いのかもしれません。だから「他にも幸せがあるはずだ」と思いこんで、あっちへウロウロ、こっちへウロウロ。
自分が幸せであることに、気がついていない人たちも多いようです。だから争いが起きてしまうのでしょうね。

自分だけではなく、家族や周りの友だちみんなが楽しくなること、喜ぶことを考えて行動すると、きっと良いことがたくさん起こります。
楽しい、嬉しい、いいことがたくさん起こる生き方を、幸せというようです(^’^)

ここで質問(^O^)/
あなたが“幸せだなぁ”と感じるのは、どんなとき?

今日も皆さまが、しあわせな一日でありますように✿
合掌

無著(むじゃく)
http://shounji.jp

posted by むじゃくさん at 09:20| Comment(0) | 日記

2017年11月20日

11月写経の会ご報告

【木枯らし吹く中を、ありがとうございました(^◇^)】
毎月第3日曜日開催の、「正雲寺写経の会」
午前の部が満席になることが多くなり、午後の部を設けて半年。午後からのお写経は、静かに時間をかけて書きたい、という方にお喜び頂いております。お蔭様で昨日の会も午前、午後の部とも沢山の方にお集まりいただきました。寒い中のご参加、大変ありがとうございました。
どなたか、お風邪はひいていませんか?
ここはお山、市内よりも気温は低く寒いです。来年の3月頃までは、暖かいお支度でお越し頂けますとよろしいかと存じます。

002 (4).jpg

さて、お写経で心を磨くとお腹が空く?(笑)
人間生きるため、脳を働かすために食べることはとても大事ですね。そんな理由から?、というわけではございませんが、茶話会はとても大事ハート茶話会の隠れファンもいるようです^_^
今月の茶話会は、高城の「なないろ食堂」様が、炊き出し道具を一式お持ちくださり、出来立てのお料理を提供してくださいました。
大分の三つ葉農家さんのご依頼で開発した、最新のメニューが登場。そして正雲寺のすぐご近所の庄内産小麦粉を使った大分の郷土料理の2品。
―茶話会のお献立いろいろー
・大分産三つ葉の明石焼き・・・あったかいお出しに心も体もホッコリです。
・きなこたっぷり・炭酸水入りやせうま・・・きなこもだんごもワンダフル\(^o^)/
※手作りキムチ・・・木下様
※手作り南瓜のクッキー・・・赤松様
※りんご(つがる弘前産)・・・井上様
※辛い調味料(私専用(笑))・・・太田様
参加者の方々からのお布施の品もたくさん頂き、今月も感謝溢れる茶話会となりました。
他にも、
無農薬のかぼすと銀庵・・・戸口様
ピーマン山盛り・・・玖須様
ありがとうございました

なないろ食堂の佐藤様、早朝からの準備と地域応援メニューの美味しいお料理をありがとうございました。大好評の茶話会となりました。

23659319_1546187452131035_7355073599469183056_n[1].jpg


003.jpg



来月はもう12月!
今年最後の写経の会となります。
みんなで心の大掃除をして、ピカピカの心で新年を迎えましょう(^O^)/
12月17日(日)午前の部/10時
午後の部/2時

無著(むじゃく)
http://shounji.jp

posted by むじゃくさん at 17:06| Comment(0) | 写経の会

2017年11月18日

五色幕柄のコースター

五色幕柄?
ただ5色のコースターと言わないことには意味があります。
皆さまがお寺に行かれたとき、カラフルな幕が掛かっているのを、見たことがありませんか。どうしてあんなにカラフルな色なの?と、疑問に思われた方がいましたら、今日は最後までお付き合いくださいね。あの5色の幕は「五色幕(ごしきまく)」と申しまして、一色一色それぞれに意味がございます。

〈青〉(緑)仏さまの髪の毛の色。
      心乱さす力強く生き抜く力「禅定(ぜんじょう)現してます。
〈黄〉   仏さまの身体の色。
      豊かな姿で確固とした揺るぎない性質「金剛(こんごう)」を現しています。
〈赤〉   仏さまの血液の色。
      大いなる慈悲の心で人々を救済することが止まることのない働き「精進(しょうじん)」を現し      ています。
〈白〉   仏さまの歯の色。
      清らかなお心で諸々の悪業や煩悩の苦しみを浄める「清浄(しょうじょう)」を表してIます。
〈樺〉(黒・紫)仏さまの袈裟の色。
      あらゆる侮辱や迫害、誘惑などによく耐えて怒らない「忍辱(にんにく)」を現しています。

五色幕は、仏殿(本堂)を荘厳するとともに、お釈迦様のお姿、お釈迦様のみ教えそのものということをお分かりいただけたでしょうか。
ワタクシ、この五色幕を身に纏いたい(#^.^#)
しかし、そうは参りません^_^;ザンネン…
そんな私の欲望(?)を、この方は察してくださったのでしょうか(笑)
日頃から何かとお世話くださるある方が、五色幕と同色の糸でのコースターを作ってくださいました。
そこで『五色幕柄のコースター』ハート
この尊い配色のコースターを普段使いにするのは、何か落ち着かない…
と考えていましたら、閃きました(^O^)/
ここにこそ相応しい!!!
仏壇の花たてやロウソク立ての下に敷いてみました。
お釈迦様もニッコリと微笑んでおられるように観じた、嬉しい朝でございます。
✿感謝✿

皆さまが今日も、お幸せな一日でありますように(^’^)
合掌

003.jpg

posted by むじゃくさん at 09:20| Comment(0) | 仏教を楽しむ

2017年11月14日

国東半島お寺巡り

昨日は11月とは思えないポカポカ陽気♪
週の始めではございましたが、日頃よりお世話になっている方々と、国東お寺巡りを楽しんで参りました。思った以上に恵まれた好天に、みんなで大人の遠足気分♪とても50代オーバーとは思えないテンションの高さ(笑)明るく元気なことはまことに素晴らしいことです。黄色や赤に色づき始めた木々、陽の光に輝く海、大分の恵まれた自然の素晴らしさにも改めて感動いたしました。

そしてそして!何よりも素晴らしいことは、国東半島の歴史の深さ。
今回の国東半島お寺巡りの始まりは、来年、六郷満山開山1300年を迎えることが機縁となりました。それぞれの名刹では、非公開文化財等が特別公開されています。この機会に是非皆さまも足をお運びになられてはいかがでしょうか。日頃はお会いできない神仏とご縁を結ぶ善き機会となることと思います。

参拝させて頂いた寺院様を一部ご紹介

〇太陽山 安国寺
茅葺屋根の山門と、ほっこり感のある仁王様がお迎えくださいます。足利尊氏座像と神々しい延命地蔵尊立像とのご縁を頂きました。

〇妙徳山 泉福寺
この寺院を開山されたのは、 無著妙融(むちゃくみょうゆう)禅師といわれています。
私も「無著/むじゃく」と申します。この名前はお師匠である父より授けて頂いた法名。
大変畏れ多い法名を頂いたことに身が引き締る思いで、山門をくぐらせていただきました。
境内に入るとすぐ、若い雲水さんたちがプランターのお花の植替えしていらっしゃいました。
そして、またしてもご縁としか思えない出来事が…
こちらの秘仏でもある木像の涅槃像を拝観したい旨を雲水さんにお伝えしましたら、雲水さんは快くご案内くださいました。笑顔で迎えてくださいました雲水さん、ありがとうございました。

〇峨眉山 文殊仙寺
こちらの寺院様は、卯年の守り本尊の文殊菩薩様を祀っておられます。1200年前の仏像です。本来でしたら12年に1度の卯年のみ公開される特別な仏様なのですが、今年は1300年祭と兎のちょうど反対側の干支の酉年ということもあり、特別に公開されているそうです。丁寧なご案内と説明もありますので、大変分かりやすく安心してお参りできます。
更に、今月10日には比叡山延暦寺より「不滅の法燈」が分燈されました。この日は、その有り難い法燈の灯をいただき、私たちは参拝させて頂きました。
兎年生まれでもある私は、ここでも摩訶不思議なご縁を感じずにはいられず胸がいっぱいでございました。

多くの有難き出会いと、いつも支えてくださる皆さまに感謝。
合掌

001 (4).jpg

050.jpg



posted by むじゃくさん at 23:06| Comment(0) | 日記