2020年05月10日

【正雲寺大分別院より大切なお知らせ】

緊急事態宣言の延長が決まりました。
新型コロナウイルスの収束に向けて、もう少し努力が必要なようです。
つきましては、正雲寺の定例開催となっております「写経の会」「女性のための声聞会」「癒しのお寺時間」といったすべての行事を休会とさせていただきます。
参加者の皆さまとの関りの中で、私自身、また皆さまそれぞれも学び、癒される時間を待ち望んでおられることと思いますが、今はやもを得ないと決断いたしました。そのような状況に伴いまして、写経ご希望の方には、3密にならない個別写経をしていただいております。お天気のよい日は、青空写経が好評です。ご希望の日時をお知らせください。
当日は、マスク、手の消毒のご協力をお願いいたします。

この耐え忍ぶ時間を経て、再び皆さまにお集まりいただき、お目にかかれます日を心待ちにしております。
合掌

ペットの火葬につては、
http://www.shounji.jp/pet.html
永代供養墓(個別・合葬)については、
http://www.shounji.jp/kiten.html
水子供養については、
http://www.shounji.jp/mizuko1.html



96413401_2799518640173922_6632239020459950080_o.jpg

96677028_2799518710173915_2802326823310983168_o.jpg
posted by むじゃくさん at 10:25| Comment(0) | 日記

2020年04月21日

[重要]新型コロナウイルス感染症の対応について

令和2年4月16日において、政府より発表された新型コロナウイルス感染の緊急事態宣言発令に伴い、正雲寺大分別院として以下の対応をさせて頂きますので、ご理解とご協力をお願いいたします。
<令和2年4月21日投稿 >

■■基本的な考え方■■
お寺は、「祈り」という根本的な場所です。病をはじめとする様々な問題を抱える人たちが、日常的に心を休める場として集うところでありますから、常に受入れができるよう緊急事態であっても門戸を開けております。
しかし、そのために新型コロナウイルスの感染拡大の場となって、閉鎖せざるを得ない事態とならないよう、お参りの方々には「感染をしない努力」および「感染者とならない努力」に向けた意識を広く共有して頂きたくお願い申し上げます。

■■感染しない努力と感染者にならない努力■■
新型コロナウイルスは、無症候性の感染者も少なくないことから、「自分だけは大丈夫」「この場所は大丈夫」などと油断せず、また、ご自身が知らずに感染しているかもしれない現状で、ウイルスを拡散せずに済むように、手洗い、うがい、マスクの着用、咳など基本的なエチケット等を励行するよう終息期までは、十分なご配慮を一人一人が意識を持ってお願い致します。

●●以下の方は、恐れ入りますがご参拝をお控えください●●
1.発熱、咳、下痢等の症状がある方。
2.風邪の症状が3日以上続いている方。
3.強いだるさや息苦しさのある方。
4.過去1ヶ月以内に渡航歴のある方。
5.味覚や嗅覚に異常のある方。

●●催しの開催について
写経会・女性の相談会・ワークショップ等、すべての催しは中止としております。時点での再開催は未定です。

●●ペット火葬と葬儀について●●
大切なお別れの儀式ですので、お受けしておりますが、以下のご配慮をお願いいたします。
1. マスク、手洗いをお願いいたします(アルコール消毒のご用意をしております)
2. 参列される方を少人数にご調整くださるようお願いいたします。
3. 換気のために、窓等を開放しておりますので、洋服等のご準備をされてご対応をお願いいたします。
4. 湯茶などの接待を控えさせていただきます。

●●その他の法要について●●
追善供養・年回供養・水子供養は、ご相談してお決めしております。
今は延期がよいと思いますが、お勤めする場合は十分な間隔をあけることをご理解いただいた上でお受けしております。または、当寺にお任せ頂くことができますのでご遠慮なくご相談ください。

最後に、
今、厳しい状況、辛い環境に置かれているすべての皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、まさに病と対峙されている皆さまの一日も早いご快癒をお祈りいたします。
そしてこの危機的状況に身を挺しておられるすべての皆さまに謹んで感謝申し上げます。

一人一人の思いやりのある行動によって、お互いが、多くの人が救われます。安心して拝観や参禅ができる平常に 少しでも早く戻れるよう、皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

正雲寺大分別院 住職 無著

自灯明 P.png




posted by むじゃくさん at 15:53| Comment(0) | 日記

2020年04月20日

献花と祈り

「献花をさせてください」
と有難いお申し出を頂きました。

この花には、
祈りと、
願いと、
感謝の気持ちが、
込められています。

花は必ず散ります。
嵐は必ず去ります。
夜は必ず明けます。

この苦しい日々が一日も早く終息しますように。
穏やかな日々が再び訪れますように。
合掌四つ葉

ペットの火葬につては、
http://www.shounji.jp/pet.html
永代供養墓(個別・合葬)については、
http://www.shounji.jp/kiten.html
水子供養については、
http://www.shounji.jp/mizuko1.html


93419738_2749679475157839_2605876071458930688_o.jpg
posted by むじゃくさん at 10:18| Comment(0) | 日記

2020年04月08日

花まつり

スパーク2(キラリマーク)️今日はお釈迦さまのお誕生日
命の尊さに気付かせていただきましょう。

お釈迦さまは今から2500年ほど前にインドの北方のルンビニーという花園でシャカ族の王子としてお生まれになりました。その時の様子は、たくさんの花が咲き誇り、空の上では33人の神さまたちが楽器を奏でて踊りだし、竜王は空から降りてきて「甘露」のやさしい雨を降らせたというお話が伝えられています。
ここからお釈迦さまのお誕生日を「花まつり」といい、花御堂を作りお釈迦さまの赤ちゃんのお像をお供えし、甘茶をかけてお祝いするようになりました。

そして有名なお話ですが、
お釈迦さまはお生まれになるとすぐに
七歩いて大空と大地を指指して「天上天下唯我独尊」(てんじょうてんげゆいがどくそん)とおっしゃられたと言われております。
もちろん生れたばかりの赤子が歩けるわけも、話せるわけをありませんが、これは偉大なお釈迦さまを言い伝えるために、少し後の時代にお弟子さんたちが作られたお話と考えられています。

『天上天下唯我独尊』という言葉は、
「この広い世界でかけがえのない私の尊い命に目覚めましょう」というほどの意味です。
私の命も尊い命、あなたの命も尊い命、そこに差別や区別はありません。
今、世界中の命が危機に脅かされています。
自分の命を守ることが他者の命を救うことに繋がります。

お釈迦さまの誕生日を機に、今一度命の危うさと尊さを心に刻み、そして自分のためにも人のためにも、正しい行動をいたすことを、お誓いしたいと思います。

花見(さくら)私もあなたも
    皆等しく尊い命を生きている

皆さまのご無事を願っております。
合掌...無著

ペットの火葬につては、
http://www.shounji.jp/pet.html
永代供養墓(個別・合葬)については、
http://www.shounji.jp/kiten.html
水子供養については、
http://www.shounji.jp/mizuko1.html


92461135_2727940803998373_7481109555275890688_o.jpg

posted by むじゃくさん at 21:15| Comment(0) | 行事

2020年04月04日

桜の園 正雲寺大分別院

雲一つない朝を迎えた爽やかなお山。
桜は満開に〜
鳥たちの囀ずりもいつもより賑やかです。
もしかしたら、鳥たちもお花見?
そしてここに眠る沢山のペットちゃんたちも、きっとお花見を楽しんでいるはず...
みんなでワンワン、にゃんにゃん、チューチュー、楽しそう八分音符
今、苦しい状況におられる方にもこの桜の美しさが届きますように。そして少しでも元気になってくださいますように花見(さくら)
今日もみんなで手を取り合って、笑顔で過ごして参りましょう!
観音様も応援していますきらきら

ペットの火葬につては、
http://www.shounji.jp/pet.html
永代供養墓(個別・合葬)については、
http://www.shounji.jp/kiten.html

水子供養については、
http://www.shounji.jp/mizuko1.html

15.jpg
posted by むじゃくさん at 10:25| Comment(2) | 日記