2018年07月16日

7月正雲寺『写経の会』開催いたしました

快晴に恵まれました昨日、毎月第3日曜日開催、正雲寺『写経の会』を無事に終えることができました。
大変お暑い中、ご参集くださいました善男善女の皆様、ありがとうございました。今月は参加者の方々のご紹介を頂きましたお蔭で、36名様の参加をいただきました。一人でも多くの方に、お釈迦様の教えに触れて頂けることは私にとりましても大変有り難いことでございます。また今月は大分在住の外国人の男性が奥様とご一緒にご参加くださいました。後でお話をお伺いしましたら、なんと漢字を書くのも、筆を持つのも初めてとのこと。それでも日本人の奥様に見守って頂きながら、丁寧にお写経を行じておられました。宗教の枠を超えて、互いを尊重し合える善き出愛を頂戴いたしました。

18-07-16-07-33-47-280_deco.jpg

第2部「寺カフェ」は
「外国人 妻の会」より、メキシコ出身、大分在住30数年のブランカさんがご協力くださいました。手作りのトルティーヤを始めて食べるという方も多く、本場のお味をみんなで楽しみました。
―寺カフェのお料理―
・タコス3種
・フルーツヨーグルト

※お布施のお品
・愛媛より武田の山すいか
・手作り珈琲水ようかん
・おかき色々
・パステルゼリー

多くの皆様のお支えに、心より感謝いたします

※お詫び^_^;
暑さのせい?ではないと思いますが、皆様とのお話に夢中で、今月は茶話会の写真を撮り忘れておりました

次回、正雲寺「写経の会」
日時:8月19日(日)午前の部 10時
           午後の部 2時

ご予約は、随時受け付けております。
п@097-583-4433  

18-07-16-07-39-37-111_deco.jpg  
posted by むじゃくさん at 22:03| Comment(0) | 写経の会

2018年07月05日

7月15日 『正雲寺大分別院 7月写経の会』のお知らせ

7月写経会チラシ.png


こつこつ

こつこつ
こつこつ
書いてゆこう

こつこつ
こつこつ
歩いてゆこう

こつこつ
こつこつ
掘り下げてゆこう

―坂村真民―

この詩が語りかけいるように、
あなたも、
こつこつ
こつこつ
書いてみませんか

あなたも
こつこつ
こつこつ
自分をつくりあげてゆきませんか

あなたの心と、
あなたの大切な人の幸せのために・・・

* *  * 

写経後の寺カフェの時間も、和やかに楽しい時間でございます。美味しいお料理をいただきながら、新しい出愛を紡いで頂けましたら幸いでございます。
初めての方も、安心してご参加ください。
今月も皆さまのご参加をお待ちしております(^.^)/~~~
合掌

DSC_5553.JPG

無著(むじゃく)
http://shounji.jp


posted by むじゃくさん at 22:15| Comment(0) | 写経の会

2018年07月03日

7月4日 『女性のための声聞会』開催のお知らせ

正雲寺では、様々な悩みを抱えている女性の声を聞く会、『女性のための声聞会』を、毎月第1水曜日に開催しております。どこに相談していいかわからない、相談をしたいけれどお寺は敷居が高い…そんな女性の方々が安心して集える場として、町のカフェをおお借りして開催している会です。

悲しいこと、辛いこと、一人で悩んでいませんか?
悲しみ、苦しみを抱えているのは、
あなただけではないことを、知って欲しい…
みんな、何かしらの悩みを抱えて生きています。
ここに来て、私たちといっしょに話してみませんか?
そしてここにいる仲間の悩みにも耳を傾けてみませんか?
話すだけでも、聞いてもらうだけでも、
意外や意外、心がすっきりとすることがあります。
また、難しい問題を抱えている方には、
専門分野の先生方にお繋ぎさせて頂きます。
勇気を出して、一歩を踏み出してみましょうね。

勇気を出したあなたには、
心がほぐれる美味しいご褒美が待っていますハート

・女性のための『声聞会(しょうもんえ)』は、
毎月第一水曜日に開催です。

・会場は、
 大分市府内町の『キッチンカフェ・アリシア』様
 定員8名です。

・時間は、午後2時15分〜16時過ぎぐらいまで。

・参加費は、
 アリシアさんのお料理代として1000円です。

・女性でしたら、どなた様でも参加頂けます。

『女性のための声聞会』をいつも応援くださる皆さまに、心より感謝申し上げます。
合掌

声聞会チラシ.jpg

無著(むじゃく)
http://shounji.jp
posted by むじゃくさん at 15:26| Comment(0) | 出張相談

2018年06月20日

お見舞いとお悔み

〈大阪北部の地震で被災された皆様方に、
        心よりお悔やみとお見舞いを申し上げます〉

おはようございます。
18日朝、大阪北部で震度6弱を記録した地震から2日経った現在も、1500人以上の方々が避難所生活をされているそうです。また亡くなられた方もいることを知り、私も経験しました7年前の東日本大震災の日の記憶が想起され、心が痛みました。昨日から降り続く雨に、崖崩れなどの危険が高まっている中、被災された方々のご不安は察するに余りありますが、どうか人は一人ではないということを忘れずにいて欲しいと思います。

今日は、坂村真民先生の「ねがい」という詩をご紹介させて頂きます。

どうにもならない
血をもって生まれ
どうにもならない
運命を背負い
みんな悲しいんだ
みんな苦しいんだ
だからお互い
もっといたわりあい
なぐさめあって
暮らしてゆこう
小さな蟻たちさえ
あんなに力を合わせて
生きているんだ

辛く悲しいときに触れる人の心の温かさ…
被災地の方々は今は悲しみ、苦しみの中におられますが、いつか必ず穏やかな日が来ることを祈り願っております。合掌

DSC_5459.JPG

※自坊の僧侶が丹精込めて苗木から育てた3年目の紫陽花が、
今年はたくさんの花を咲かせています。

posted by むじゃくさん at 18:49| Comment(0) | 日記

6月正雲寺写経の会開催

〈6月17日 正雲寺『写経の会』開催〉
梅雨の晴れ間に恵まれた一日、今月も沢山の方々にお集まりいただき、
正雲寺『写経の会』を開催させていただきました。
この日は「父の日」ということもあり、ご参加の皆様それぞれに、お父様への思いを筆に乗せてお書きになられていたように感じます。お写経を終えられた皆様のその表情は、どなた様もやさしいお顔になられています。手を合せる、お経を読む、お経を書く、これらが、心を調え、優しい気持になれるためのお役にたっていることを、皆さまを通じて私自身が実感し学ばせて頂けることに、いつも感謝いたしております。

第2部「寺カフェ」は、牧の「ハンブルグ」様のお声がけにより、「木村山羊牧場」様、「オセロ スペシャルティコーヒーロースター」様のご協力まで頂戴し、充実したお食事と貴重な話題を楽しむ時間を皆様にお喜び頂きました。―寺カフェのお料理―
・ビックリサイズの「奥豊後豚のカツサンド」
・ヤギのチーズで作った、「ベークドチーズケーキ」
・ベトナムダラット地方 「コホー族のスペシャルティコーヒー」

※お布施のお品
・手作りういろう
・別府荒巻商店「水ようかん・あわゆき・水まんじゅう」

ハンブルグオーナーの吉田様、木村山羊牧場の木村様、早朝からのご用意とおもてなしを大変ありがとうございました。

※ほんだバラ香園様より、参加者のお一人を通じて、「食べるバラ」が届けられました。ピンクの花びらが浮かぶローズウォーターで、一気にテーブルは華やかにハート
本田あけみ様のお心遣いに、心より感謝申し上げます。

今月のお写経会も多くの方々のお支えのお蔭様により、無事に終えることができました。
心静かに手を合せ、慈しみを込めてお写経をする…
この時間が、皆様の日々の生活を豊かなものとする一助となりましたら、幸いでございます。
いつも多くの方々にご参加頂けますことを、嬉しく思います。ありがとうございます。

次回、正雲寺「写経の会」
日時:7月15日(日)午前の部 10時
           午後の部 2時

ご予約は、随時受け付けております。
メッセンジャー又はお電話でお申込ください。
п@097-583-4433    

020.jpg

022.jpg

無著(むじゃく)
http://shounji.jp
posted by むじゃくさん at 06:40| Comment(0) | 写経の会